EeePC 4Gで今までやったまとめ

EeePC 4Gでは今まで色々やって来ました。
当ブログでも度々紹介しています。

それを簡単にまとめとして整理してみます。

まずはEeePC 4Gのスペック。
液晶サイズ:7インチ
解像度:WVGA (800×480)
CPU:Celeron M 900MHz(実稼働630MHz)1コア
メモリ:512MB
SSD容量:4GB
無線LAN:IEEE802.11b (11Mbps) IEEE802.11g (54Mbps)

良い具合のポンコツ具合ですね〜。

実はこのPCはAndroid×86を入れてタブレット代わりとして使用してみようと購入したので、本当は最初にAndroid×86をインストールしました。
スペックの悪さにて古いバージョン(android-x86-4.0-RC1-eeepc.iso)しかインストール出来ず非常に微妙でした。
動作は今ひとつ軽快感に欠ける。
一番問題なのはGoogleストアからインストール出来るソフトが少ない事。
Skype、Chrome、Line等は既にインストール不可。
デフォルトのブラウザで多少インターネットを楽しめる程度でした。
詳細はこちら。

次はPrecise-571JPです。
Puppy Linuxの日本語版公式の最新ですね。
最新と言っても、公開されたのは随分前です。
Ubuntu12.04がベースとなっているバージョンです。
最初から日本語化されインストールも簡単使いやすい仕様となってます。

Slimjetはこちらからsfsファイルインストール可。
Googleアプリ利用により。
Line、Dropboxが可能。
もちろん普通にインターネットが楽しめます。
Skypeはこちらからダウンロードしたsfsファイルでインストール可。
ついでにmozcもこちらを参考にして可。
ただ古いバージョンなので少々の不安が残ります。
詳細はこちら

お次はKona linux 2.3 blackです。
一時期は軽量ディストリビューションとして注目を浴びる存在でした。
もちろん今でも軽いです。

Kona linux 2.3 blackはより低スペックPCほど真価を発揮します。
ポンコツPCの4Gでも軽快に動作します。

ただ問題は容量でした。
4GBの中でギリギリ収まっているので、スペース削減してようやく空き容量1GB取れるか取れないか。
油断するとすぐに空き容量が食われていきます。
やりたい事が満足に出来ません。
でもSlimjetを使えば何とかいけたかも?
それでも空き容量を気にしながら使うのは辛いものがあります。

Linux bean12.04もお試ししましたが、USBメモリ内なのでこの際省略します。
ただ使った感想はUSBメモリからではちょっとばかり軽快感が足りなかったという所でしょうか?

で次に試したのはTahrPup6.0.5です。
当時の最新のPuppy Linuxです。
Ubuntu14.04ベースになっています。
これは日本語版も公開されていましたが、とある理由からオリジナルを使い、シノバーさん作の日本語パッケージを使いました。
詳細はこちら

最終的にはSlimjetを使い571JPと同じような感じで使ってました。
これが大変使いよく最終版として会社の休憩室に持込み休憩中に遊んでいました。

さてながなが今までの変遷過程を綴らせて頂きましたが次回からいよいよ4Gに新しいディストリビューションをインストールしていく様子をお伝え致します。
次回はPuppy linuxの現在の最新であるXenialpup 7.0.4インストールです。
って今までと代わり映えしないような気がしますが、我がEeePC 4GがどこまでPuppyの最新についていけるか挑戦になります。

でわでわLinuxに興味のある方はぽちっとな♪

Linux ブログランキングへ

Slimjet

slimjet

Google chrome Linux 32ビットサポート終了により、Chromeの代替としての候補。

使い心地の感触としてはかなり良いです。
但し大きな欠点が…。
私の環境が悪いのか?
何が原因か良くわからないけれど、Flash Playerが梱包されているにも関わらずFlashが見れません。

Kona Linux2.3 black、Kona Linux3.0 Xfce tahr-6.0.5 noPAEと私が主要に使っている三種のPCにインストールしましたが、全て見れませんでした。
ネットで色々調べてみましたが、どうも検索で引っかからずヽ(*´▽)ノオテアゲー♪

Flashを見る必要がなければ、使いやすいのですが残念です。

興味がある方はどうぞ。

ダウンロードは↓。
通常ダウンロードhttp://www.slimjet.com/jp/dlpage.php
Puppy Linux用sfsファイルのダウンロードhttps://yadi.sk/d/fd8rBM0WoF9sB

EeePC 4GでLine(TahrPup6.0.5)

お次はLine。
最近のPuppy LinuxはSave to Directoryに対応しており、個人設定ファイルの容量を気にする事なく利用出来ます。
しかもいかに容量4GBしかないPCでもPuppy Linuxは余裕で空き容量1GB以上確保出来ます。

と言うと空き容量1GB以上必要なGoogleアプリのLine使えません?
と言う事で導入する事にしました。

最初は古いGoogle chromeで満足しておりましたが、新しいGoogle chromeをインストール。
恐らくは公式のdebファイルも使えると思いますが、こちらからgoogle-Chrome-47.0.2526.106-i386.petを拾って来てインストール。
ちなみに以前はバージョン45くらいでしたので、ちょいちょいバージョンアップがなされているよう。
ちなみにPrecise-571JPの時はフォントが微妙でしたが、TahrPup6.0.5では普通の使用感です。
最初は重いように感じましたが、意外と普通に使えています。
今も新しいChromeから書き込み。

でアプリを開きLineを起動。
Lineへログインしてみた所、起動は決して早いとは言えませんが、起動後は普通に使えました。

通常GoogleアプリのLineは勝手にメニュー等に追加されてますが、Puppyではchromeを開かなくちゃいけないので面倒臭い。

でブックマークのアプリからLineのアイコンを右クリックショートカットを作成でデスクトップへショートカットを作成しました。
がしかし。
自動的には作成されない。

rootのdesktopの中にLineのショートカットらしきファイルが作成されているのでそこをクリックしてみると起動しました。

という事でカーソルで本物のデスクトップへ引っ張ってきました。
名前があまりにも長たらしいのでアイテムを編集でアイコンの下に表示するテキストの所でLineと変更。
見栄えが悪いのでインターネットからLineアイコンを拾ってきました。
ここで色んなアイコンを探す事が出来ます。

右クリック→ファイル’Line’→アイコンを設定で設定出来ます。

でPCでLineを使うのか?
と言うとそれは別な話(汗)

EeePC 4GでYoutubeを視聴する(TahrPup6.0.5)

EeePC 4Gを使い倒すためにやった事で一番面倒臭かったのはYoutube視聴でした。
通常ブラウザで動画を見ようとすると、読み込まれるまでに時間がかかりその上カクカクtぎこちない。
とても動画視聴には心もとなく諦めておりました。

Youtube視聴のためにアプリを使えばどうかな?
と思い挑戦。

でsmtubeと言うツールを導入。
TahrPup6.0.5のクイックペットからインストールしました。
視聴のために必要なのはメディアプレイヤー。
デフォルトで入っているのはVLC。
これEeePC 4Gではとても重いです。
起動にしばらく時間がかかり起動してからもいつまだたっても動画が流れてきません。

でsmtubeと言うのはsmplayerの付属ツールと言うのが始まりらしいので、smplayerにて視聴。
これもなかなかに重いです。
しかも音が流れてこない。

mplayerやgmplayerでも利用可と言う事でパッケージマネージャよりmplayerをインストール。

設定画面より、mplayerを再上位へ上げて、視聴ファイルの設定を480px flyへ設定すると(ノ゜ο゜)ノ オオオオォォォォォォ-
スムーズに見れました。
音もばっちり、かくつく事もなく綺麗な画面で視聴出来ました。

ただし480px flyで高画質動画はスマホほどのサイズです。
EeePC 4Gの限界ですね。
それでもYoutubeを見れるようになりました。

TahrPup6.0.5

capture8736

先日EeePC 4Gに入れたTahrPup6.0.5。
こんなになりました。

Puppy Linuxは玩具臭い割になかなかの高機能ですが更に高機能になりました。
インストールは一番危険が無いOSですが、カスタマイズがなかなか面倒臭いOSです。
まぁ手がかかる子ほど可愛いと言う事でなかなか楽しかったです。
詳細は追々アップします。

EeePC 4GをTahrPup6.0.5へ変更しました。

capture17453

EeePC 4Gはprecise-5.7.1JPで使っていました。
でもちゃんと使うなら出来るだけ新しいバージョンを使った方が良いだろうと言う事で今の最新版TahrPup6.0.5へ変更しました。

最初はTahrPup6.0.5日本語版を使ってみましたが、デスクトップに何やらウィジェットのような物が表示され、EeePC 4Gのような解像度の低いPCには致命的なほどデカデカと場所を占領しておりどうやって消して良いのやら?

と言う事でオリジナルtahr-6.0.5_noPAE.isoをインストール。
日本語化にはlang_pack_ja-2.0.sfsを利用しました。

その他クイックペットよりBleachbitやGoogle chromeをインストール。
Google chromeは公式サイトからdebファイルで最新をインストールが可能ですが、EeePC 4Gではちょっとばかり重いので少し古いバージョンにしました。
動画等を視聴する際は最新が必要と思われますが、EeePC 4Gでは動画はかなり厳しいので良しとしましょう。
セキュリティー的にどうかなと心配な方は最新をどうぞ。
セキュリティーに関しては何が正しくて何が間違っているのかはどうも判断しかねるので自己責任と言う事でお願いします。
ChromiumはChromium-25.0.1323.1-i686-1sl.sfs
Skypeはskype-4.3.0.37-apulse3-precise.sfs
officeはLibreOffice-4.1.2_ja_gz.sfs
等など随時揃え充実した物になりました。

まぁこれでEeePC 4Gはまた新しく生まれ変わりました。