時間を合わせる

時計が狂ってたので合わせた時のコマンドを残しておく。
sudo date --set='2018/01/21 18:48:20'

StretchDogの画面が暗い件(Redshift)

StretchDogの画面の明るさは再起動したらやっぱり暗くなる。
色々いじって解かった事はパネルにあるRedshiftと言うアプリが悪さをしているらしい
Redshiftをいじったら直った。

明るさの設定

StretchDogを使っていて良い感じなのですが、一つ気になる事がありました。
何だか画面が暗いんですね。
最初から暗かっただろうか?
最初は気にならなかったのか?
それとも何かの拍子で暗くなったのかわからない。

大抵画面の明るさはfn+ファンクションキーで変えられるのですが何故か変わらない。
目が疲れるので色々調べてみました。

Ubuntu 14.04 で LCD の明るさをコマンドラインから変えたいを参考にしてやってみました。

xrandrを使う方法です。
ターミナルで⇣を打ってみる。
xrandr -q | grep " connected"
⇣が出ました。
LVDS1 connected primary 800x480+0+0 (normal left inverted right x axis y axis) 152mm x 91mm

「LVDS1」とあったので⇣を入れて見ました。
xrandr --output LVDS1 --brightness 1.0

すぐに明るくなりました。
見やすくなってめでたしめでたし。

メモリー換装

お正月休みの間暇を持て余しPCの動画鑑賞等をしていまいた。
いつもはAndroidタブレットを使って見ているのですが、何となくネットブックで見てました。
タブレットで見るよりネットブックで見る方が重たいかなと思ってましたが、案外ネットブックでもスイスイ見れました。

だがしかしだがしかし。
一つ気がついた事がありました。

複数のネットブックを持ってますが、メモリが1GBと2GBを持ってます。
Windowsとデュアルにしてあるネットブックだけを2GBにしておりました。
Linuxだけなら1GBと2GBであまり差を感じていなかったからです。
低スペ用しか利用しないのでこれで十分と思ってました。

ですがメモリ1GBと2GBでは動画鑑賞で差が出る事に初めて気が付きました。
1GBだと重い動画がちょくちょく止まるんですね。

そうなると気になって仕方ありません。
動画を見る時はタブレットかメモリ2GBのPCをと決めてしまえば良いだけの話ですが、それでは満足出来ないのが私です。

でまたヤフオクでポチッとしました。
PC2-6400(DDR2-800)2GBメモリの2枚組です。
価格は送料無料1,300円。
以前も2枚買った事がありますが、今は随分安いんですねぇ。

今日届きました。
今までメモリ1GBだったネットブック2台。
EeePC 901とEeePC 1000HAがメモリ2GBになりました。

普段はPCの蓋を開けると言う作業をしない私ですが、EeePCシリーズはHDDやメモリ交換は簡単な仕様なので私にも出来ました。
PCを使う事より使えるようにするのが趣味な私のようです(笑)

Flashの終焉

2020年Flash Playerがサポート終了になるとAdobeから発表があったそうです。
各ブラウザもFlash Player終了に向けて徐々に対応して行くと言う事らしい。

Linuxはサポートが終了になったり復活したりと振り回されましたが、Flash自体が無くなると言う結末。

確かにAndroidスマホやタブレットでは完全にFlashは無きものとされていたし、動画サイトも徐々にHTML5での対応が進んでいる事もあり、時代の流れと言う事なのでしょう。

私もWin時代にはFlashを作って遊んで楽しませて貰いました。
ちょっと寂しい気はしますが、Flashだらけでポンコツがストライキを起こす事もなくなるとなるとそれはそれで良き事なのかもしれません。

Ubuntu minimalでコケた理由

何となくスマホで徘徊していると、Ubuntu minimalがコケた理由がわかった。
複数のサイト様を閲覧して挑戦した訳だが、クロの思考ノート様のこの記事は検索では引っかからず、見落としていた。

インストール時に「日本語を選択してインストールを進めた場合にはインストールが上手くできませんでした。正確にはインストールは完了しますが、必要なパッケージがインストールされず起動できない不具合が起こりました。インストール作業は英語で進めるのが良いと思います。」

日本を選択してインストールをしては行けなかったのだ。
確かに文字化けしていてアップデートやアプリインストールが一切出来なかった。

今後またUbuntu minimalに挑戦するような事があれば参考にさせて頂こう。

flashplayer-chromium情報

このブログを読んで頂いている読者様からメールにて有用な情報を頂きました。
flashplayer-chromiumはDeb-Multimedia のリポジトリを利用する事で、使えるようになるそうです。
基本的には素のDebianには含まれておらず、恐らくはDebianDogの製作者様が付けておいて下さったのだろうと思われます。
Debian使用者の方々にはとてもオススメなリポジトリのようです。

クロの思考ノート様のこちらの記事にて詳しく書かれております。
ぜひぜひご参考になさって下さいませ。

当ブログは普通のなんの知識もないおばちゃんのLinuxの覚書にて、勘違いや間違い等多々ある事と思います。
こういった有用な情報はとても有り難い事です。
どうぞ何かありましたら、メールフォームもしくは掲示板等へお寄せ下さい。

ちなみにEeePC 901のその後ですが、無謀にもUbuntu minimalに挑戦しにっちもさっちも行かなくなり断念いたしました。
折角苦労してセットアップしたAntiX16も無くなり、8GBのSSDは空っぽ、SDにレスキュー用のPuppyが入っているのみになりました(ノ_σ)クスン
ポンコツなオバちゃんには無謀な挑戦でした。

折をみて901に何か入れようと思っています。
wattOSR10辺りで手を打とうかと考えておりますが、今は疲れてしまったので後日ゆっくり考え直します。

このブログの管理人は結構ポンコツであります。
普通のオバちゃんなので難しい事はあまり詳しく無いのであります。

そんなポンコツなオバちゃんが何故このようなブログを書いているのか?
それはσ(・_・)の覚書きある事。
そしてもう1つの理由はこんな訳のわからんちんのオバちゃんでもLinuxが使えるよ。
だから食わず嫌いしないで挑戦してみて欲しい。
古くなったからと言って簡単にPCを捨てないで新たな命を吹き込んで欲しい。
それが私の願いです。

最新Flash

いつの間にかLinuxでも最新のAdobe Flash Player pluginが使えるようになってました。

Ubuntu系ではFirefox系はflashplugin-installerだけでそのまま最新Flashになっていました。
Chromium等で使う場合はSynaptic パッケージマネージャからadobe-flashpluginをインストールか無い場合はこちらからお使いのOSに合った最新のadobe-flashpluginのdebファイルでインストールして下さい。
ちなみにflashplugin-installerと競合しますのでアンインストールして下さい。
これでChromiumもFirefoxもOperaも常に最新Flashが使えると思います。

ちなみにDebian系は見てみましたがよくわかりませんでした(汗)
その辺のシステムはUbuntu系とは違うみたいです。

AdobはLinuxを見捨てて久しいですが、またLinuxを救い上げてくれました。
めでたい!!

っていつからだったんだろう?
前からだったのかなぁ?

XenialDog

4GでXenialDogに挑戦してみました。
なかなか良さそうでしたが、Frisbeeで無線LAN設定が出来ませんでした。
内蔵無線LANのドライバーが対応していなかったのかな?
何か頑張れば何とかなったかもしれませんが、今の状態で特に不便が無いので即刻断念しました。
残念!

dante98版 初代コープスパーティー

プチお久しぶりです。
ここ最近はPCはほとんど開かずタブレットにて動画に興じておりました。
LinuxPCでも動画視聴はもちろん可能でありますが、タブレットを持っているならやっぱり動画視聴はタブレットが便利です。

で今回はdante98版 初代コープスパーティーと言うゲームをインストールしました。
初代コープスパーティーと言うゲームはWindowsでもLinuxでも無いPC98シリーズと言うPC用のゲームだそうです。

何故今更そんな古いゲームを?
と言うのは私の末っ子娘がなかなかのゲーマーにて現在コープスパーティーと言うゲームにハマっております。
コープスパーティーの詰め合わせのセットのような物をを購入しPC、PSVita、PS3で遊んでいました。
そしていよいよフリーゲームとして始まった初代コープスパーティーがしたいとWindows10に既にアップグレード済み自分のノートPCで遊ぼうとチャレンジしておりました。

Dante98 for Windows他アプリではWin10で動作せず、PC98のエミュレータを使い何とかしようとしていたらしいですが、なんとまぁPC大好きだがそういった事にはとんと疎い末っ子にはかなり難しい模様。
私も少し調べてみたが、MS-DOSやらFDイメージファイルがどうとか、今時のPCになどFDスロットなんて存在しないので、仮想FDイメージやら母もよくわからん次第(汗)
XP以降のPCしか知らない私には難しすぎた。

でLinuxのWineでちょっくら動かしてみました。
SynapticにてWineをインストール。
WinetricksにてDirectX9をインストール。
Dante98 for Windowsコープスパーティー (RPGツクールDANTE98作品)をダウンロード
して解凍。
Dante98 for WindowsをWineプログラムローダーにて起動。
Dante98 for Windowsよりコープスパーティーのデータを読み込み起動しました。
エミュレータをダブルで使っての起動になりますが、特に問題無く遊べているようです。
古い物はWin10よりLinuxのWineの方が得意なのかな?

末っ子は仕事から帰りルンルンと私のLinuxPCにてゲームに興じています。
母と言う生き物は子に役立つと嬉しいのです。
特に末っ子には甘い生き物であります。