Kona Linux 4.0 blackのインストール

先日インストールしたKona Linux 4.0 blackについて簡単に説明させて頂きます。

まずはこちらよりファイルをダウンロードします。

UnetbootinにてUSBメモリに焼きます。
ネットブックを主流にしてからはずっとUSBメモリです。
外付けドライブは持っていますがこれが一番簡単です。

インストールしたいPCに挿し起動します。
EeePCの場合はESCボタン連打でブート選択画面が出てきますので、ライブUSBメモリを選択肢起動します。

インストール方法はKona Linux 3.0 ( Debian 8 ベース ) のインストール。魅力的な日本語対応のリナックス辺りを参考にして下さい。
一時はKona Linuxにハマった時期もありますが、最近はずっとUbuntuベースばかりだったので久しぶりのこの画面です。

Gpartedが苦手と言う方も多いようですが、実は私はUbuntuのインストールよりこちらの方が使いやすいです。
インストールはさくっと行きました。

であとは気になった件がいくつか。
アップデートの際にエラーが…。
イボジトリがテスティングのまま?
と言う事でリボジトリを変更しました。
ターミナルを開き↓のコマンドを開き管理者権限でファイルマネージャーを起動します。

sudo psmanfm
/etc/apt/から/sources.listをテキストエディタで開き編集します。

#

deb http://ftp.jp.debian.org/debian/ stretch main contrib non-free
deb-src http://ftp.jp.debian.org/debian/ stretch main contrib

deb http://security.debian.org/debian-security stretch/updates main contrib
deb-src http://security.debian.org/debian-security stretch/updates main contrib

# stretch-updates, previously known as 'volatile'
deb http://ftp.jp.debian.org/debian/ stretch-updates main contrib
deb-src http://ftp.jp.debian.org/debian/ stretch-updates main contrib

# stretch-backports, previously on backports.debian.org
deb http://ftp.jp.debian.org/debian/ stretch-backports main
deb-src http://ftp.jp.debian.org/debian/ stretch-backports main

↑のソースに書き換えました。

そしてsudo apt-get updateをしてエラーが出なければOK。

でももう一つエラーが…。

firefoxのリボジトリがエラーを起こしておりました。

メニュー→設定→Software & Updatesを開き、Othersoftwareでfirefoxのリボジトリのチェックを外すとエラーが無くなります。
firefoxのリボジトリが無くてもfirefox-esrがインストール出来ますし、公式からFirefoxを入れる事も可能です。
拘りがなければpalemoonでも代替え可能でしょう。

起動時にいちいちログインするのが面倒臭いです。
今の所は自分しかPCに触らないので自動ログインの設定をします。
メニュー→システムツール→LightDM Managerで自動ログインの設定をします。

以前のKona Linuxにはタッチパッドon/offがあったのですが見当たりません。
と言う訳でSynaptic パッケージマネージャにてxinputをインストールします。
その後↓の内容をテキストエディタで入力し、touchpad.desktopと名前を付けて/home/nao/.config/autostartの中に保存すると起動直後からタッチパッドが無効になります。

[Desktop Entry]
Version=1.0
Name=touchpad off
Comment=touchpad off
Exec=xinput set-prop "ETPS/2 Elantech Touchpad" --type=int --format=8 "Device Enabled" 0
Icon=terminal
Terminal=false
Type=Application
Categories=System;TerminalEmulator;Utility;
StartupNotify=true
NoDisplay=true

WPS Officeを入れました。
http://wps-community.org/downloadsからダウンロードしましたが、wps-office_10.1.0.5707~a21_i386.debだと起動しないので、下の方にあるwps-office_10.1.0.5672~a21_i386.debをインストールしました。

またFontの関係で他のPCで作ったファイルが文字化け(汗)
まぁこのPCだけで完結するなら十分使えるでしょう。

使ってみた感触ですが、以前のblackのような軽さはあまり感じません。
stretchだからと言うのもありますが、作成者様は以前のような徹底的に軽くしようと言う意気込みもそれほど感じられません。
今は種類も豊富ですが、軽量版にはあまり愛着が無いのかな?
でも古いPCを使用しているのですからこれだけ動けば十分と言う所でしょうか。

日本語でインストール可能である事、Debianベースでたくさんの選択肢があると言うのはかなり魅力的なOSではあります。

Kona Linux4.0 Black


え〜。
久しぶりにネットブックが増えました。
と言う訳でLinuxのインストールをしました。

何を入れようか?
Ubuntuベースも今更な感じ。
何故なら来年の4月はLTSリリースがあります。
数カ月後に新しいLTSがリリースされるのに古い物を入れるには抵抗があります。

今新しいOSと言えばdebian stretch。
日本語でとなるとKona Linux 4.0あります。

Flashの問題やら何やらあり最近はKona Linuxは遠慮していましたが、物は試しで入れてみました。

まずはFlashの問題はflashplayer-chromium情報により解決。

ネットブックにおいてDebianベース。
Kona Linux系はマウスの認識が甘い。
つまりバッテリー駆動だとマウスが上手く動かないと言う事例がよくありました
。(私だけかな?)
ですが今回はKona Linux4.0 Blackではバッテリー駆動でもすいすい動きます。

良いです。
まだ完全に全て設定が終わった訳ではないですが、今の所問題なく使えております。

後日時間があれば詳細でも更新させて頂きます。

EeePC 901その後

Ubuntu minimalで失敗しSSD8GBが空っぽになってしまったEeePC 901ですが、WattOS R10をインストールしました。
自分のブログを見ながらサクッといきました。
流れは大体一緒ですが、容量が少ない901なのでいくつか省略して容量を削減しました。

で空き容量が3GB程です。
まぁこれくらいあれば何とか乗りきれるでしょう。
4Gより空き容量は多いですが、元の容量を考えるとDebianDogの省容量の優秀さが伺えます。
メニューを見る限りDebianDogの方がもっさりしているが、容量の占有率が圧倒的に少ない。
だからと言って901もDebianDogへとなるとそれはそれで別な話なのである。
4GだからこそDebianDogで満足出来るのである。

ただ驚いた事にバッテリーの持ちが随分上がりました。
満タンにすると数値的に4時間と出ています。
実際昨夜はバッテリーだけでかなりの時間を使用しましたが、バッテリーの減りが遅いです。
元々所有ネットブックの中でもバッテリー持ちのかなり良いPCではありましたが、今までここまででは無かったです。

WattOSの省電力に偽り無しと言う所でしょうか?
相性でしょうか?

以前からWattOSで使用していた900HAの方ではそれほどバッテリーの持ちの良さは感じなかった。
何せバッテリーがヘタっていたので買い換えたのにバッテリーの持ちが良くないとここでも愚痴っているのだから、相性もあるのかもしれない。
購入したバッテリーが安い互換商品であったと言う事もあるのだろう。

ただ省電力と軽快感は別物のようで、キビキビ、サクサクと言う訳ではない。
可もなく不可もなくと言う所だろう。

最近4Gを使う確率が高いのだが、アプリの起動の速さは4GのDebianDogの方が上を行っている気がする。
動作全体が早いかと言えばそれはまた別だが、起動するまでの時間が早いと軽快な気分になるのは事実である。
DebianDogのオンメモリと言うシステムが速さを実感させるのか?

flashplayer-chromiumその後

Chromium用のFlashplayerですが、DebianDogにあったので、きっとDebianベースが全て使える物かと思ってました。

MyPCにはもう一つEeePC 901にてDebianベースのAntiX16が入っているので、そっちもと思ったのですが…。
残念ながらAntiX16のパッケージには含まれていませんでした。
う〜むAntiXだけダメなのか?
DebianDogだけにあるのか?

と言う訳でKonaさんのサイトをちょっくら見に行って見ました。
Konaの作者様の更新情報にはDebianのFlashは腐っていてと言う記述がありました。
Debian的にはFlashは駄目なのですな。
使えね〜なおい。

ちなみにAntiX16にてWPS Officeを入れて見たのでありますが、日本語入力的に全く使えなかった訳で、やっぱ最初の段階でキーレイアウト的に駄目なのを無理に設定してと言う経緯がありその辺に理由が?
今の所AntiX16はメインで使っているPCではないのでまぁ良いかですが。

今年に入ってからOfficeを使う必要性が出て来て、WPSを愛用しているので将来的にはEeePC 901でも使える環境にしたいかなと考えております。

EeePC 4GすらWPSが使えると言うのに、もうちょっと容量が大きくスペックがマシなPCで使えないとはちょっと納得がいかない。
901でAntiX16がベストと考えていましたが、考え直す必要がありそうです。

DebianDog 日本語版再インストール

え〜。
最近4Gをいじり過ぎて容量がヤバくなって来ましたので再インストールしました。
ここ最近はSSD空き容量が1GB以下と言う事がよくあり、頻繁にディスククリーニングばかりしておりましたが、再インストールして空き容量が1.9GB位に増えました。

うぬ…。
一体何にそんなに食われて居たのだろう?

ちなみに面倒臭いのでピンクの可愛いモードは止めました。
この際見た目はともかくどんどん使い倒そうと言う決意であります。

EeePC 4GにとっておそらくはDebianDog(jessie)日本語版が最後のOSとなるでしょう。
新しいOSにはもはやついていけない。
jessieのサポート期限到来まで壊れる勢いで使い倒す所存にございます。

Bodhi Linux 4.0 日本語版 その後

Bodhi Linux 4.0いじってみました。
一応スクショ撮りましたが、あまり変化無いです。
パネルが上に行っただけかな?
一応見え隠れするパネルが下にあるんですが…。

で使えそうだなとアプリケーションのインストールをしようと思ってBodhi AppCentarなる物を開いてみました。
ソフトウェアセンターみたいな感じのアプリケーションです。
んで慣れたSynapticをインストールしてみようとしたんですが、パスワード入力から進みません。
仕方ないのでコマンドでSynapticをインストールしましたが、パスワード入力画面から進まず起動しません。

パスワード入力のために起動するアプリの不具合か?
それとも私の環境のせいか解りませんが、Root権限が必要なアプリケーションがGUIで使えません。

んで元々mn-applet辺りにも不具合ありそうだし、話のネタに色々苦労するのも何なのでこれにて終了となりました。

Bodhi Linux2.4は気に入って使っていた時期もあったのですが、3.0も4.0もどうも私には使えこなせません。
見た目とか格好が良いし軽いし最小限のアプリケーションしか入っていない辺り好きなんですが残念!!

Bodhi Linux 4.0 日本語版

久しぶりにディストリビューションをインストールしてみました。
今回はライブCDの部屋様から入手したBodhi Linux 4.0 日本語版でございます。
インストールしたPCはEeePC900HAのネットブックでございます。
10GBほど場所を確保いたしましてインストールしました。

インストールの方法はまずこちらからbodhi-4.0.0-32-jp.isoをダウンロードします。
ダウンロードしたファイルとUNetbootinでライブUSBを作成します。
ライブUSBで起動したBodhi Linux 4.0 日本語版からインストールします。
インストールはUbuntuとほぼ同じです。
Linux経験者の方は簡単だと思います。
未経験者の方にはBodhi Linuxはお勧め出来ません。
悪しからず。
有線LANで無い場合はインストーラーを起動した際に無線LAN設定画面が開くのでインターネット設定を完了してからインストール作業を行って下さい。

今現在はアップデートを行っただけでまだデフォルト状態です。
今後使う予定は無いですが、話のネタでインストールしてみました。
それでも話のネタで設定作業を行って行きます。

ライブCD様からの入手なので日本語入力等設定は必要ありません。
ただインストール後は既に無線LAN設定済みの状態になっておりインターネットが接続されていますが、nm-appletが動いていません。
メニュー→システムツール→terminologyで端末が開きますので、nm-appletを入力しエンターを押せばnm-appletが起動します。
ですが端末を閉じるとnm-appletも閉じてしまいます。
動きがなんだか変です。
この辺何らかの処置が必要そうです。

次回色々いじってみて記事にします。

安物

え〜。
EeePC900HAのバッテリーがほぼ死亡なので今年買ったのですが、安物だからか持ちがあっと言う間に悪くなってきました。

最初は3時間位だったのですが、1時間半から2時間程度しか持たなくなりました。
まぁね死にかけだったし、買う前に比べりゃ全然良いんですがねぇ。
どんどん持ちが悪くなってあっと言う間に死亡って事にはならないで欲しいぁ。
バッテリー無くても使えるのでまぁ良いですけど・・……(-。-) ボソッ

XenialDog

4GでXenialDogに挑戦してみました。
なかなか良さそうでしたが、Frisbeeで無線LAN設定が出来ませんでした。
内蔵無線LANのドライバーが対応していなかったのかな?
何か頑張れば何とかなったかもしれませんが、今の状態で特に不便が無いので即刻断念しました。
残念!

EeePC 900HAのバッテリー

EeePC 900HAは1906円でヤフオクで購入したネットブックです。
手持ちのHDDを入れて、メモリを512MBから1GBそして2GBに上げました。
ちなみに手持ちのEeePC 901のAC電源と共有するつもりでしたが、AC電源買いました。
Win7を入れました。
そしてとうとう死にかけだったバッテリーを新品に変えました。

battery

って1906円ネットブックで総額いくらつぎ込んだ?
うぬぬ…。
まぁそれでもまだ新品Winタブ一台買えない値段なので良いとしよう(汗)
折角なのでどんどん使おうと動画やインターネットTVなど見て楽しんでいる(^^)