StretchDog カーネルアップグレード

SterchDogのカーネルをアップグレードしました。
4.9.0-3-686-paeから 4.9.0-5-686-paeになりました。

901の方は最初に61-DEVX-Stretch-20180113-k4.9.0-5-pae_i386.squashfを入れたのですが、4.9.0-5-paeにはなっていなかったのでカーネルファイルでは無かったのかな?
と言う事で削除。
因みに最初からStretchDogはpaeのようです。
4Gは1コア1スレッドの癖に一応paeです。
Kona入れた時も普通にpea入って来たし。

特にエラーとか無いので少なくとも4Gや901では無くても問題なさげ。
StretchDog 自力で日本語化は修正。

アップグレード方法は簡単。
Dog Control Centerからカーネルアップグレードを実施するだけ。

ただ一つ問題。
4Gはすんなりアップグレードしましたが901はならず。
調べて見たら既に4.9.0-5-paeは入っているよう。
61-DEVX-Stretch-20180113-k4.9.0-5-pae_i386.squashfを削除しても変わらなかったので関係は無いらしい。
パッケージマネージャーから4.9.0-5-paeを削除して再起動後もう一度カーネルアップグレードを実施すると成功しました。
アップデートの折にインストールした模様。
Frugalの場合はDog Control Centerからのみカーネルアップグレードが可能のようです。

EeePC4GへStretchDogを入れました。

DebianDog系は普通に両方↓の起動メニューだと個人設定フォルダが混同してしまって同居する事が出来ませんでした。
kernel /live/vmlinuz1 from=/ noauto changes=/live/
initrd /live/initrd1.xz

だがしかし↓のように片方を個人設定フォルダを別に指定してやると同居出来る事が解りました。
kernel /live/vmlinuz1 from=/ noauto changes=/live/stretch/
initrd /live/initrd1.xz

と言う訳でDebianDog jessie 日本語版を残したままStretchDogをSDカードに入れました。
簡易的な日本語パッチを使用せず日本語化しました。
日本語化手順はStretchDog 自力で日本語化と同じです。
4Gはポンコツなので随分時間がかかりました。
ひたすら忍耐。
新しいアプリを入れるとかは非常に時間がかかります。
設定中は重くて使い物にならんかなと思いましたが、設定が終わり普通に使い始めるとなかなか軽快に使えます。

ただやっぱりChromiumは不安定で使い物にならない。
4GのスペックがChromiumについていけなくなったのでしょう。
Ironで代用しました。
Ironだと普通に使えます。

日本語化パッチ使用時にはIronで日本語入力は使えませんでしたが、手をかけて日本語化する事で入力可能になりました。
今もEeePC4G StretchDogから記事を書いています。

これで4Gも壊れなければ4年はいけますな(笑)
どんだけ使う気やん。
いや〜壊れるまで。
っていつ壊れるんや〜〜〜〜。

DebianDog JWMのバッテリーモニタ


しばらく使っておいて今更な話ですが、DebianDogにバッテリーモニタが付きました。

大抵はxfce4-power-managerで解決するのですが、DebianDog jessie JWMは使えませんのです。
でConkyで何とか確認をやっていましたが、やっぱりいちいちウィンドウを閉じたりデスクトップ切り替えたりとかして確認するのが面倒臭い。

今頃解決しました。
fdpowermonをパッケージマネージャからインストールして、/home/nao/startup-jwmをテキストで開いて追加します。
で写真の通りバッテリー残量がトレイで確認出来るようになりました。
古いPCなのでバッテリーはあまり元気ではありませんが少しだけ起動させる時などアダプタ付けるかどうかの判断に便利。
まだ2年はDebianDogで行くつもりなので全然OK。

DebianDogをピンクにしました。

またDebianDogをピンクにしました。
また二年間気持ち良く使うため思い切り遊びました。

メニューとトレイを可愛くするのは/home/ユーザー/.jwmrcを編集します。

編集した部分はこうなってます。

アプリをインストールしたり、削除したりすると初期化されたする事があります。
/home/ユーザー/.jwm/jwm.tail
も編集しておきます。

ちなみに.jwmrcファイルも別な所へバックアップをとっておきました。

GTK2は完全ではないですが、ピンク仕様にしました。
DebianDog萌え化を少し利用させて頂きました。

JWMのテーマはリンク切れなので使えません。
GTK2のやり方はこちらの通りやれば完全に萌え化出来ると思います。
EeePC 4Gは空き容量が乏しいので、新しいアプリを入れる事はせず不完全ながらピンクにしました。

まずMoe-Pink8をダウンロードして解凍します。

sudo roxでファイルマネージャーを起動して、/usr/share/themesを開き解凍したMoe-Pink8を入れます。

/home/ユーザー/.gtkrc-2.0をテキストで開き編集します。

include “/usr/share/themes/Chrome-Like/gtk-2.0/gtkrc”

include “/usr/share/themes/Moe-Pink8/gtk-2.0/gtkrc”

再起動したら、色々なアプリがピンクに可愛くなってます。

IronやFirefox、Seamonkeyなど他いくつかのアプリは変わりません。
またroot権限のアプリはrootから/root/.gtkrc-2.0を編集しないと変わりません。

不完全ながらほぼ可愛くなって満足しました。

因みにいくつかPCを持っていますが、ピンクにするのは4Gだけです。
以前面白がって4Gを可愛くデコったのでついつい中身もピンクで可愛くしたくなります(笑)

これで今度こそしばらくはPCいじりはお休みの予定です。
…(多分)

DebianDog 日本語版再インストール

結局4GにはDebianDog 日本語版が良くてStretchDogと差し替えました。
やっぱりDebianDogがスイスイ動きます。
StretchDogだと4Gのスペックが足りないのか若干不安定な感じが拭えません。
Chromiumの挙動が変なので、代わりにIronと言うブラウザを入れたら日本語入力が出来ません。
やっぱりお手軽簡単日本語化ではダメなのか?

要するにChromiumが古くてGoogle様に文句を言われる。
Slimjetの使い心地が今ひとつと言う事でOSを入れ替えたのですが、Chromiumの代わりにIronを使えば良いとなりました。
完全にChromiumと変わりません。

Ironと言うのはChromiumベースのブラウザです。
こちらからダウンロード出来ます。

最初は起動しませんでした。

On Debian and distributions which use an older Kernel the following commands may be necessary (the .deb packages already do it automatically):

多分古いカーネルだとsandboxがどうのとか言う感じだと思うのですが、英語は解らないのでよくわからない、一度Chromiumをインストールして環境を整えて貰いました。
でめでたく使えるようになりました。

debian jessieはあと2年使えます。
4Gは良いだけポンコツなので先を考えない事にしました。

無事最近Chromiumもどきをを手に入れて楽しくストレスなく使えるようになりました。

Eeepc 4Gで出来る事

このブログでは4Gについての記事が多いです。
4Gであれが動いたこれが動いた使えると散々書いてますが、一応誤解無きよう一度書いておきます。

EeePC 4Gは私が持っているPCでも最強のポンコツです。
出来る事は限られております。
以前ヤフオクで安く買いましたが、興味本位で買ってみたものの決して使えるPCではございません。

動画は無理。
完全テキスト主体のネットブックです。
最近は動画はAndroidタブレットもしくはスマホで十分間に合ってます。
ってか滅多に見ない。

趣味はホームページなのでほとんどの場合はホームページを更新したり、掲示板の返信を書いたり、このブログを書いたりです。
ネットは通常の個人ホームページは結構普通に見れます。

ですが重たいページは読み込むのに少々時間がかかります。
お付き合いさせて頂いているネットのお友達のサイト等は特に問題なく表示されますので十分使えております。

オフィス等DebianDog 日本語版の時はWPSオフィスが使えましたが、StretchDogになってから何故か日本語入力が出来ないので使えません。
LibreOfficeは入れてみた事がないのでわかりません。
オフィス関連の作業は他のPCを使うので問題ありません。

Googleドライブは開くのにむっちゃ時間がかかります。
google-drive-ocamlfuseを利用すればストレージの拡大が出来ます。

あとはメールでしょうか。
Gメールは簡易HTML形式で利用できます。
メールクライアントでのメールならPCにあった軽量アプリなら普通に使えます。
使わないけど。
スマホで間に合ってます。

ゲームは多分出来ない。
やろうと思ったこともやったことも無いです。

年賀状作成はWindows入れてあるもっとマシなネットブックでWindowsを使います。
DVD鑑賞、CD音源取り込み等も然り。(年に一度あるだろうか?)
基本PCであまり色々やらないです。

気が向いたらOS入れ替えでしょうか。
使える物が限定されているだけに醍醐味を感じます。
限定されているだけにあまり頻繁には行いません。
そろそろ飽きて来たし。

因みに文字入力は遅くは無いとは思いますが、使う指が少ないので広いキーボードより4Gの方が打ちやすいです。
すっかり小さいネットブック仕様の打ち方になってます。
今はデスクトップの大きなキーボードで書いています。
それなりの速さで打てますが、指を動かす範囲が広いので4Gより若干打ちづらいです。

4Gは解像度がやたらと低いので文字が大きいです。
目が悪くて通常メガネをつけていますが、何故か近くはメガネより裸眼の方が見えるので裸眼です。(老眼?)
あまり文字が小さいモニタだと目が疲れます。

最近でもヤフオク等を見ると未だに4Gを見かけますが、今は欲しいとは思っていません。
壊れたらさよならです。
惜しくは無いです。
そろそろ壊れても良いのにと思いますが、壊れないので使っています。
ヤフオクで4Gを見るととても不思議です。
ちゃんと落札する人もいます。
使えるのかな?
と思います。
頭の良い人はもしかしてまだまだ使えるのかもしれませんが、ネットで情報を調べても4Gの記事はほとんど古いものばかりで使っている人の形跡が感じられません。
まだ4Gを使っている人がいるかどうかも謎。

それ位4Gはポンコツです。
使えるのは他にPCやタブレット、スマホがあるからこそ使用用途限定で使えます。
色々便利になったからこそ使えるのです。
あくまでも思い入れ、玩具、サブでしかない4Gです。

StretchDog JWM 壁紙の変更

StretchDog JWMの壁紙の変更をしました。
設定の仕方が解らなければ、画像ファイルそのものを取り替えてしまえと言う事で壁紙に使用されている画像を任意の画像に差し替えました。

任意のjpgの画像ファイルを05.jpgとリネームします。
sudo roxでファイルマネージャーを開きます。
/opt/docs/pictures/の中に05.jpgを移動し上書きしてしまいます。

再起動すると反映されてました。

出来ないと思っていた事が出来ると嬉しい♪

StretchDog JWM

やっぱりConkyが無いと不便となりました。
バッテリー残量とか確認をしたいのであります。
いちいちコマンド打って確認が面倒くさい。
いじっている内に表示されなくなったConkyが何か難しい方法で設定されていて解らない。
調べてみるとXfce4とは相性がよくないらしい。
故に難しい設定を使っていたのですな。

と言う訳でJWMを使う事にしました。
メニューが文字化けして不愉快なのでまず直す。
どうもフォントのせいらしいので直しました。
.jwmrcファイルのフォントを直しました。
フォントを「VL Gothic」に変える事で文字化けが解消しました。

他設定はDebianDog 日本語版 JWMとほぼ同じです。

すっかりいい感じになりましたが、一つ問題が…。
壁紙の変更の仕方が解らない。
Puppyにしろ、DebianDogにしろ壁紙変更のアプリが入っていましたが、いくら探しても見当たりません。
で諦めました。
特に気に入らない訳ではないので良しとしよう。

4Gはこれで決定です。

StretchDogの再挑戦

昨夜挫折したStretchDogの再挑戦をしました。
今度は4GのSSDへインストール。前回の記事で書いた通りStretchDogをUSBメモリーにインストール!どこでもDebianの実現!を参考にしました。

最近では「mklive-stretchで日本語システム作成」と言うのが流行っておりますが、私は出来上がっているisoファイルに日本語化システムを導入する方法を取りました。
日本語化はデフォルトで使われているXfceでの反映となりJWMではメニューが文字化けしておりました。
これが不思議な事に4GのようなポンコツでもXfceがちゃんと動いております。
今現在もインストールしたてのStretchDogからの投稿。
基本デフォルトではrootで動くシステムですが、Debiandogと同じでusrからでも動かせます。
デフォルトでpuppyと言うusrが用意されていますが、自分で作成する事も可能です。
ユーザーから起動する場合はDebianDogと同じ方法でログインできます。

デフォルトで導入されている無線LAN設定のアプリは何とか接続は出来ましたが、自動接続が上手くいかずパッケージマネージャーからPuppyやDebianDogでお馴染みFrisbeeを導入して上手く行きました。

デスクトップ環境は慣れていないのですが、人気の高いXfceはデスクトップショートカット直感的に作れるので特に説明しません。
自動起動の設定がよくわからなかったので、覚書として書いておきます。
/home/ユーザー/.config/openbox/autostart
をテキストエディタで編集します。
タッチパッドの制御はここに入れました。
一番下の「volumeicon」
辺りを⇣に。
volumeicon &
xinput set-int-prop "SynPS/2 Synaptics TouchPad" "Device Enabled" 8 0

いじったらconkyが起動しなくなりました。
まぁDebianDogでは頑張りましたが、あっても意外と見ないの良い事にしました。

root権限でフォルダを開きたい時は「sudo rox」で開きます。
通常roxはメニューにありませんがroxも入っています。

後は好きなアプリを入れて完成。
アップデートは⇣。
sudo apt-get update
sudo apt-get upgrade

ショートカットが直感的に作れるのでデスクトップにショートカットを作っておくと便利です。

インプットメソッドはSCIMです。
Puppyでよく使われてます。
一応Mozcが入っており使いやすいです。
顔文字何かも一発辞書登録出来ます。

折角SDHCにantiX17を入れましたが、これからはStretchDogですな。
狭い4G弱のSSDですが、今現在空き容量は2.4GBです。
余裕で使えますね(笑)

StretchDogを試す

今日はStretchDogをSDHCに入れて4Gで試してみました。
軽量Linux:StretchDogをUSBメモリーから起動する!を参考にしてやってみました。
SSDの中にあるDebianDogが邪魔をして思い通りに行かなかったので、DebianDogを削除してトライした所すんなり上手く行きました。

日本語化ツールがあるので使ってみましたが、私の好きなJWMでは日本語化出来ずXfceが日本語化されました。
4GなのにXfceが良い感じで動きました。
Xfceはあまり使い慣れないのですが、色々いじって少し解って来た頃にファイルが破損?
起動しなくなりましたorz

まぁ良いや。
antiX17を使えば良い。
SDHCがやられてantiX17が使えなくなったりしたら今度はSSDの方へStretchDogを入れて使ってみよう。