BionicDogのユーザーオートログイン方法

rootへ強制的にログインしてしまって、ユーザーへのオートログインが出来ないと記事に書いた所。
通りすがりさんから有益な情報を頂いたので記事に掲載させて頂きます。

参考ブログはこちらです。

/etc/systemd/system/getty@tty1.serviceをrootで開き↓のように編集します。
28行目
ExecStart=-/sbin/agetty -a root –noclear %I 38400

ExecStart=-/sbin/agetty -a ユーザー名 –noclear %I 38400

slimをインストールしていると起動しなくなる恐れがありますので、Slimをインストールしている場合は必ずSlimをアンインストールしてから試してみて下さい。
ブログのコメント欄を有効にしてあるとこう言う良い事があるので、良かったです(^^)

rootへのログインは「Ctrl+Ait+F2」でログイン切り替えの画面が出ますので、ユーザー名→パスワード
最後にstartxです。
他のユーザーにも切り替えられます。

もしくは
EXITX
su
rootのパスワード
startx
です。

通りすがり様ありがとうございました<(_ _)>

BionicDogの設定

さてユーザーログインが円滑に出来るになったので設定についてお話しましょう。

ユーザーログイン後日本語化されているのも関わらずメニューが英語でした。
なれないパネルで英語。
訳わからん。
確かこの種類のディストリビューションは複数のデスクトップの仕様が用意されているはず。
フォーラムでも2つ画像がありました。
違う物へ変更しようとなりました。

英語で解らぬ中適当にメニューを探してみると何やらそれっぽいメニュー発見。
Desktop Managerという項目をクリックしてみました。
二種類所か5種類ありました。
しかも一番下には何やら見覚えある項目が。

PCManFM+Lxpanel。
これはLXDEでお馴染みでは無いですか!!

と言う事で早速選んでOKを押しました所。
(ノ´▽`)ノオオオオッ♪
LXDEで見慣れた風景になりました。
そして目出度くメニューも日本語にヾ(〃^∇^)ノわぁい♪

rootで使う事が前提になっているからかシステムツールがまともに動きません。
管理者権限で起動出来ない模様。
という訳でメニューをちょい編集。
メニューから項目を右クリックプロバティで編集出来ます。
synapticは↓な感じ。

sudo synapticでターミナルエミュレーターで動かすためのチャックを忘れずに。
root権限で動作させるシステムツールは変更しておいた方が良いです。

Ubuntuベースですがアップデートツールがありません。
アップデートを簡単に出来るためのランチャー作成。
rootで/usr/share/applicationsを開きxtermのランチャーファイルを別名で保存して編集します。
これが一番簡単。
保存する際.desktopと言う拡張子を忘れずに。
編集箇所は4箇所。
sudo apt-get updateのランチャーは↓
Name=update
Exec=sudo apt-get update
Terminal=true
Icon=画像ファイルのパス

保存後また別名で保存。
updateの箇所をupgradeに、画像ファイルのパスを編集し保存すればsudo apt-get upgradeのランチャーも作成されます。
Lxpanelの場合それが出来ればデスクトップショートカットもパネル登録も楽ちんですね。

ノートパソコンの場合はxfce4-power-managerが必須ですね。
バッテリーやモニター管理が出来ます。
蓋を閉じるとサスペンドも可能になります。
xfce4-power-managerをインストールして自動起動にします。
このDogシリーズは自動起動は手動で設定します。

/home/nao/.config/openbox/autostartに登録。
alsamixertray &の下に↓を追加。
xfce4-power-manager &
タッチパッドの無効に更に下に↓を追加しています。
xinput set-prop “ETPS/2 Elantech Touchpad” –type=int –format=8 “Device Enabled” 0 &
注意)タッチパッドの無効はデバイスによってはコマンドが違う場合があります。

Firefoxがデフォルトで入っていますが英語です。
パッケージからでは無く公式からのファイルダウンロードによりインストールのようです。
自分で公式から拾って来て解凍してoptに入っているFirefoxと入れ替えると日本語で起動しました。

apulseがインストールFirefoxへ設定済みなのでランチャーをメニューから「apulse firefox」と編集するだけでFirefoxからでも音声が流れます。

あとはそれぞれ好きなアプリケーションをインストールすれば使えます。

BionicDogはrootログインが前提になっておりユーザーログインで使う場合は少々面倒くさい作業が必要になっています。
軽快さもStretchDogに比べると少々落ちます。
軽快さを求めるならStretchDog、使い心地を求めるなら通常のLXDE使用のUbuntu派生が良いかもしれません。

ですがそれぞれのディストリビューションには短所や長所がありますが、このBionicDogの長所は簡単なインストール方法でお手軽にUbuntuベースが楽しめます。
豪奢なLXDE系Ubuntu派生に比べると若干軽い。
一番の長所はUbuntuベースでありながら省スペースである事。
それなりにアプリをインストールしても今の段階で使用スペースは2GB強です。
EeePC901は2つSSDが用意されていますが4GBと8GBです。
4GBですといずれ逼迫してきますが8GBなら余裕で使えます。

ユーザーログインもワンクリックで可能になりました。
LXDE感覚で使えるようになったこのBionicDogが気に入ったのでしばらくは901はこれで行こうと思っています。

Basix4.0とBionicDogで意外な所で行き詰まり試行錯誤の連続で少々疲れました。
ネットブックは複数所持していますが、それなりに新しいディストリビューションが行き渡り安泰と言う事でひとまずOS入れ替えはお休みとなります。

BionicDogのユーザーログイン追記

コメントより有益な情報を頂きユーザーへのオートログイン方法がわかりました。こちらの記事をチェック!!

BionicDogのユーザーログインをもっと簡単に出来る方法を見つけたので追記

元記事はこちら

これはSlimをインストールしてオートログインを設定した前提です。

ようするにXサーバーのリスタートをさせれば良いと考えました。
でXサーバーのリスタートのランチャーを作り、rootのパネルに登録しました。

/usr/share/applicationsをrootで開きxtermのランチャーファイルをテキストで開きます。
別名で保存。
xrestart.desktopにしました。
↓のように編集。
Name=XTerm

Name=Xrestart

Exec=xterm

Exec=sudo systemctl restart slim.service

Terminal=false

Terminal=true

そして保存。

Menu→Tint2 Setteing

パネルの設定画面が出てきます。
ツールバーの四角いアイコンで編集画面が更に出てきます。
Launcherをクリックでパネルにランチャーを登録出来ます。

再起動をしてrootログイン後パネルに登録したXサーバーのリスタートをクリックすると綺麗にユーザーにログイン出来ました。

BionicDogのユーザーログイン

その前に前記事の訂正。
squashfsをダウンロードと書きましたが、99-bionic_linux-firmware.squashfs
だけで良いです。
他2つは不要でした。

で本題。
日本語化については前記事の通り、日本語化パッケージでOK。
StretchDogの時のように日本語入力出来ないアプリはありませんでした。(私が使うアプリでは)

コメントより有益な情報を頂きオートでのユーザーログイン方法が解りました。
こちらをチェック!!

一番問題だったのはユーザーログインでした。
DebianDogやStretchDogのように簡単にユーザーのオートログインの設定が出来ませんでした。
まずは必ずrootログインしてしまいます。
検証の結果rootログイン後↓のキーを押してログイン画面を出して手動ログインするらしいです。
「Ctrl+Ait+F2」
ユーザー名、パスワード、「startx」と入力しなければならなかったりで非常に面倒臭いです。
私なりの対処方は↓になります。
Synaptic パッケージマネージャから「slim」をインストール。
「/etc/slim.conf」を編集します。
「#default_user」の箇所を編集。
default_user ユーザー名
「#auto_login」を編集。
auto_login yes

再起動します。
まずはrootログインされます。
影でユーザーログインもされているようです。
「Ctrl+Ait+F2」ですぐにユーザーの画面に切り替わります。
影でrootログインされたままのようなので、「Ctrl+Ait+F1」でroot画面に切り替わります。
最初の一度だけLogout→EXIT Xでそのままユーザー画面に移動します
rootが影で動いているのが嫌な場合はそれで良いと思います。
両方切り替え使いたければショートカットキーでの切り替えで良いと思います。

私の場合はユーザーログインメインなので、rootのXサーバーは落として使います。
同時で2つログイン処理を行うせいか、ログイン時が不安定です。
Wi-fiの自動接続や自分で設定したタッチパッドの無効処理等の自動処理が行われない事もあります。
同時ログインにスペックが追いつかない?
他に簡単な方法あればアドバイス求む!

まだ設定についてありますが、長くなったので次回記事へ。

追記あり。
BionicDogのユーザーログイン追記

BionicDogをEeePC901にインストールしました。

BionicDogをEeePC901の8GBSSDにインストールしました。

ファイルはこちらからIsoファイルと99-bionic_linux-firmware.squashfsをダウンロードしました。

極楽はぜさんのこちらの記事を参考に行いました。
お手軽なインストールです。

casperフォルダをコピーして、StretchDogのmenu.lstに↓を書き加えました。
title BionicDog (sdb1)
uuid (uuidを調べて入れる)
kernel /casper/vmlinuz noauto from=/ changes=/casper/
initrd /casper/initrd1.xz

日本語化はZstepさんの日本語化パッケージを利用しました。
自力日本語化はちょっと難しかったです。

sudo apt-get updateの前にリボジトリ変更。
/etc/apt/sources.listをleafpadで開き「nl」を全て「jp」に変更しました。

今は取り敢えず日本語化しただけの素の状態です。

取り敢えずご報告まで。
設定後また記事にします。

PeasyWiFi

4Gで無線接続出来なくなった話を書きましたが、今度はEeePC 901のSterchDogにてFrisbeeでの接続が出来ませんでした。
同じSterchDogでもHP Compaq d✕6120stに入れたSterchDogのFrisbeeは全然OK。
PCにもよるのだろうか?
地味にインストール方法が違っていた?
その辺はよくわからない。

4GにはNetworkManagerが入っていた。
無意識に入れていたのか?
まぁ4GはNetworkManagerで何とかなりました。

EeePC901の方はNetworkManagerをインストールしてやってみたけど駄目だった(泣)
消してしまったデフォルトのPeasyWiFiをインストールし直して挑戦してみました。

参考にさせて頂いたのは極楽はぜさんのブログです。

私もPeasyWiFiは自動接続が上手く出来なくて諦めてました。
今回極楽はぜさんのおかげでEeePC901の方も何とかなりました。

StretchDog カーネルアップグレード

SterchDogのカーネルをアップグレードしました。
4.9.0-3-686-paeから 4.9.0-5-686-paeになりました。

901の方は最初に61-DEVX-Stretch-20180113-k4.9.0-5-pae_i386.squashfを入れたのですが、4.9.0-5-paeにはなっていなかったのでカーネルファイルでは無かったのかな?
と言う事で削除。
因みに最初からStretchDogはpaeのようです。
4Gは1コア1スレッドの癖に一応paeです。
Kona入れた時も普通にpea入って来たし。

特にエラーとか無いので少なくとも4Gや901では無くても問題なさげ。
StretchDog 自力で日本語化は修正。

アップグレード方法は簡単。
Dog Control Centerからカーネルアップグレードを実施するだけ。

ただ一つ問題。
4Gはすんなりアップグレードしましたが901はならず。
調べて見たら既に4.9.0-5-paeは入っているよう。
61-DEVX-Stretch-20180113-k4.9.0-5-pae_i386.squashfを削除しても変わらなかったので関係は無いらしい。
パッケージマネージャーから4.9.0-5-paeを削除して再起動後もう一度カーネルアップグレードを実施すると成功しました。
アップデートの折にインストールした模様。
Frugalの場合はDog Control Centerからのみカーネルアップグレードが可能のようです。

StretchDog 自力で日本語化

え〜。
EeePC901へ入れようとしたらネットが繋がらなかったと言う件でちゃんと作成者様によりドライバー等の用意があったので、EeePC901へもう一度チャレンジ。
そして自力で日本語化いたしました。

こちらからisoファイル↓
StretchDog32-openbox_xfce-jwm-2017-10-10.iso
日本語化のために必要な↓ファイル
099-locales-stretch.squashfs
ダウンロード。

こちらから↓paeカーネルファイル
61-DEVX-Stretch-20180113-k4.9.0-5-pae_i386.squashfs

ドライバーとか色々(多分)↓
99-firmware-stretch-live.squashfs
ダウンロード。

StretchDogは初心者さん向けではないのでインストール方法ははしょります。
極楽はぜさんとかWindowsはもういらないさんとか参考に。

起動する前にLiveフォルダの中にダウンロードした.squashfsファイルを入れておきます。
ネットを繋げたらsudo apt-get updateを一応します。
起動すると最初にDog Control Centerからlocaleを設定します。
自動的にやってくれます。
ここで099-locales-stretch.squashfsは必要なようです。
タイムゾーンもここで設定します。

Keyboard layoutも出来るようですが、よくわからなかったのでテキストの設定ファイルを編集しました。
leafpad /etc/default/keyboardで開き編集しました。
XKBMODEL=”jp106″
XKBLAYOUT=”jp”

フォントをインストール
VLゴシックとtakaoを入れました。

Frisbeeを入れてネットをセットアップした後再起動しました。

私の場合フォントを入れてなかったせいか文字化けしてました。
ルックアンドフィールの設定やOpenboxの設定マネージャーでフォントの設定をしたら直りました。

uimとuim-anthyとim-configをインストール。
im-configを端末から起動させようとしたら、何だかが入ってないと起動できないと文句を言われたので、その何だかを入れてから起動してuimを指定しました。

本当はFcitxを入れようと思いましたが、色々足りないぞと言われて起動出来なかったのでuimにしました。

再起動後日本語入力が使えるか確認したら、ユーザーから起動するように設定して再起動。
ユーザーからログイン後uim-mozcをインストール。
更に再起動。

これでユーザーからMozcを使えるようになりました。
rootではMozcは使えませんが、基本rootはほとんど使わないので良いのだ。

uim-mozcで困った事が一つ。
Mozcツールが起動しない。
と言う事は辞書ツールが使えない。
と言う事は顔文字の一発登録が出来ない。
以前も他のOSでuim-mozcでこう言う事があったのでuim-mozc固有の不具合なのかもしれません。
仕方がないので他のOSのMozcの辞書データ↓をコピーしました。
/home/ユーザー/.mozc/user_dictionary.db
これで顔文字が登録されました。

これでWPS Officeも文字入力出来るようになりました。
多分Ironも出来るようになると思います。

Eeepc901の4GBSSDもすっかり有効に使えるようになりました。
軽快でなかなか良いです。
普段はXfceは重くてLxdeを使っていますが、StretchDogのXfceはとても軽くて新鮮です。

最近はFcitxばかりでuimはあまり使っていないので少々慣れないですがその内慣れるでしょう。

Xfceはランチャーが簡単に作れるので便利です。

EeePC901にStretchDogを断念

今朝はEeePC901の4GBのSSDにStretchDogを入れようとしてみた。
残念ながら内蔵無線LANを認識してくれず断念しました。

ドライバを拾ってきて云々とか難しい事が出来ない私にはとても無理でした。
残念。
可哀想な901の4GBのSSDはブートローダーしか入っていません。
何か入れたいとなっても4GBではなかなか難しいのです。
8GBSSDの中に何とかWattOSR10を押し込めて使用しています。

余計なアプリを入れず、Bleachbitを駆使しながら空き容量2GB以上をキープしながら使用できています。

最近気まぐれに色々やってきましたが、そろそろやりたい事が尽きてきました。
4月以降にはUbuntu系のLTSバージョンのリリースラッシュが始まります。
それまで静かに待とうと思います。

あくまでも気まぐれな奴なのでいつやる気になるかは解りませんが、その頃まで特に何か無い限りはブログに更新もしばらくお休みになるかと思います。

最後に朗報?
ライブCDの部屋様にてしばらく活動を休止されているLinuxBeanの1604LTSバージョンが公開されていました。
そろそろ最終バージョンの1404LTSのサポート切れも近づき、ライブCDの部屋様の管理人様が消え行くLinuxBeanの復活を願い繋ぎとして1604LTSへアップグレードしていくつか不具合修正をして公開されたようです。

私も一時期はLinuxBeanのファンでした。
低スペ向けとしてもありますが、Linux初心者にとても優しい設計でした。
LinuxBeanの復活を心よりお待ちしております。

EeePC 901その後

Ubuntu minimalで失敗しSSD8GBが空っぽになってしまったEeePC 901ですが、WattOS R10をインストールしました。
自分のブログを見ながらサクッといきました。
流れは大体一緒ですが、容量が少ない901なのでいくつか省略して容量を削減しました。

で空き容量が3GB程です。
まぁこれくらいあれば何とか乗りきれるでしょう。
4Gより空き容量は多いですが、元の容量を考えるとDebianDogの省容量の優秀さが伺えます。
メニューを見る限りDebianDogの方がもっさりしているが、容量の占有率が圧倒的に少ない。
だからと言って901もDebianDogへとなるとそれはそれで別な話なのである。
4GだからこそDebianDogで満足出来るのである。

ただ驚いた事にバッテリーの持ちが随分上がりました。
満タンにすると数値的に4時間と出ています。
実際昨夜はバッテリーだけでかなりの時間を使用しましたが、バッテリーの減りが遅いです。
元々所有ネットブックの中でもバッテリー持ちのかなり良いPCではありましたが、今までここまででは無かったです。

WattOSの省電力に偽り無しと言う所でしょうか?
相性でしょうか?

以前からWattOSで使用していた900HAの方ではそれほどバッテリーの持ちの良さは感じなかった。
何せバッテリーがヘタっていたので買い換えたのにバッテリーの持ちが良くないとここでも愚痴っているのだから、相性もあるのかもしれない。
購入したバッテリーが安い互換商品であったと言う事もあるのだろう。

ただ省電力と軽快感は別物のようで、キビキビ、サクサクと言う訳ではない。
可もなく不可もなくと言う所だろう。

最近4Gを使う確率が高いのだが、アプリの起動の速さは4GのDebianDogの方が上を行っている気がする。
動作全体が早いかと言えばそれはまた別だが、起動するまでの時間が早いと軽快な気分になるのは事実である。
DebianDogのオンメモリと言うシステムが速さを実感させるのか?