Touchpad-Indicator

先日KLUE 2.0 lightをインストールした訳ですが、これがなかなか良くてネットブック3台KLUE 2.0 lightにしました。
ただ一つ難点がありまして。

タッチパッド問題です。
ネットブックを使っているとタッチパッドが邪魔に思ったりしませんか?
私はめちゃくちゃあります。

Kona Linux2.3ではタッチパッドの無効、有効のスイッチがありとても便利だったのですが、KLUE 2.0 lightではポインティングデバイスの設定の所から無効にします。
ただ設定したその時は良いのですが一度シャットダウンすると、次に起動するとタッチパッドが動いています。
ポインティングデバイスの設定は無効になったままなのに…。
私のPCだけの不具合だろうか?

で見つけました!
Touchpad-Indicator Ubuntu 14.10起動時に自動的にタッチパッドを無効にすると言うページ。

↑を参考にしてTouchpad-Indicatorを使ってタッチパッドの制御に成功いたしました。
マウスが接続されている時だけタッチパッドが無効になると言う優れもの。
何らかの事情でマウスが使えない時など、マウスを接続しなければ普通にタッチパッドが使えます。
タッチパッドでイライラも無しです。

注)Ubuntu系では有効ですが、Debian系で使えるかは確認しておりません。

KLUE 2.0 light

え〜。
久々に新しいLinuxをEeePC 901にインストールしました。

Linux beanはどうやら新しい1604をリリース断念した模様。
でKona LinuxのUbuntuバージョンのKLUEを利用してみようという事で最近新しく加わったKLUE 2.0 lightをダウンロードしてインストール。 

ダウンロードはライブCDの部屋様にある理研のミラーからダウンロードします。

インストールの方法はUbuntuバージョンなのでUbuntuのインストーラーです。
種類は少々違いますが、Kona Linux Ubuntu Edition 1.0 Xfce のインストール。とほぼ変わりませんので参考にして下さい。

最近はDebianばかりだったので、Ubuntuのインストーラーに少々手こずり、また8.9インチの画面ではインストーラーがはみ出し面倒臭かったです。
Altキーを押しながらインストーラ画面を移動しながら行いました。

使い心地としてはかなり良い感じです。
グラフィックアプリが3種類、ファイルマネージャーが2種類等重複アプリがあるので不要なアプリを削除しました。
ついでに好きなアプリに差し替えなど。
使いやすくなりました。

EeePC 901のSSD8GBの中では約70%使用で空き容量が2.1GB確保。
デスククリーニングしたり、ダウンロードファイル等SDカードに保存するなどすれは行けるでしょう。