EeePC 4Gで今までやったまとめ

EeePC 4Gでは今まで色々やって来ました。
当ブログでも度々紹介しています。

それを簡単にまとめとして整理してみます。

まずはEeePC 4Gのスペック。
液晶サイズ:7インチ
解像度:WVGA (800×480)
CPU:Celeron M 900MHz(実稼働630MHz)1コア
メモリ:512MB
SSD容量:4GB
無線LAN:IEEE802.11b (11Mbps) IEEE802.11g (54Mbps)

良い具合のポンコツ具合ですね〜。

実はこのPCはAndroid×86を入れてタブレット代わりとして使用してみようと購入したので、本当は最初にAndroid×86をインストールしました。
スペックの悪さにて古いバージョン(android-x86-4.0-RC1-eeepc.iso)しかインストール出来ず非常に微妙でした。
動作は今ひとつ軽快感に欠ける。
一番問題なのはGoogleストアからインストール出来るソフトが少ない事。
Skype、Chrome、Line等は既にインストール不可。
デフォルトのブラウザで多少インターネットを楽しめる程度でした。
詳細はこちら。

次はPrecise-571JPです。
Puppy Linuxの日本語版公式の最新ですね。
最新と言っても、公開されたのは随分前です。
Ubuntu12.04がベースとなっているバージョンです。
最初から日本語化されインストールも簡単使いやすい仕様となってます。

Slimjetはこちらからsfsファイルインストール可。
Googleアプリ利用により。
Line、Dropboxが可能。
もちろん普通にインターネットが楽しめます。
Skypeはこちらからダウンロードしたsfsファイルでインストール可。
ついでにmozcもこちらを参考にして可。
ただ古いバージョンなので少々の不安が残ります。
詳細はこちら

お次はKona linux 2.3 blackです。
一時期は軽量ディストリビューションとして注目を浴びる存在でした。
もちろん今でも軽いです。

Kona linux 2.3 blackはより低スペックPCほど真価を発揮します。
ポンコツPCの4Gでも軽快に動作します。

ただ問題は容量でした。
4GBの中でギリギリ収まっているので、スペース削減してようやく空き容量1GB取れるか取れないか。
油断するとすぐに空き容量が食われていきます。
やりたい事が満足に出来ません。
でもSlimjetを使えば何とかいけたかも?
それでも空き容量を気にしながら使うのは辛いものがあります。

Linux bean12.04もお試ししましたが、USBメモリ内なのでこの際省略します。
ただ使った感想はUSBメモリからではちょっとばかり軽快感が足りなかったという所でしょうか?

で次に試したのはTahrPup6.0.5です。
当時の最新のPuppy Linuxです。
Ubuntu14.04ベースになっています。
これは日本語版も公開されていましたが、とある理由からオリジナルを使い、シノバーさん作の日本語パッケージを使いました。
詳細はこちら

最終的にはSlimjetを使い571JPと同じような感じで使ってました。
これが大変使いよく最終版として会社の休憩室に持込み休憩中に遊んでいました。

さてながなが今までの変遷過程を綴らせて頂きましたが次回からいよいよ4Gに新しいディストリビューションをインストールしていく様子をお伝え致します。
次回はPuppy linuxの現在の最新であるXenialpup 7.0.4インストールです。
って今までと代わり映えしないような気がしますが、我がEeePC 4GがどこまでPuppyの最新についていけるか挑戦になります。

でわでわLinuxに興味のある方はぽちっとな♪

Linux ブログランキングへ

Puppy LinuxでMOZCを使う

最近すっかりEeePC 4Gがメインマシンになっているのですが、しかも今のOSはPuppy Linuxオンリーになっています。
Puppy Linuxの軽快さが病みつきになっています。

しかししか〜し。
Puppy Linuxにはただ一つ不満がありました。
文字入力にMOZCが使えない事でした。
しばらくMOZCを愛用してくるとAnthyではちょっと物足りないんですね。

ですがいつの間にはPuppy LinuxでもMOZCが使えるようになっていました。

Windowsはもういらない様のPuppyにMozcをインストール!辞書登録、手書きもOK!で出来ました。

これで顔文字登録も簡単に出来ました。

ヽ(*^^*)ノとかワーイ♪☆彡(ノ゜▽゜)ノ☆彡ヘ(゜▽゜ヘ)☆彡(ノ゜▽゜)ノ☆彡ワーイ♪とか他のディストロで使ってきた顔文字も普通に使えます(^_-)vブイブイッ

つうかこの年末押し迫った今やる事かい!(・_・)ヾ(^o^;) オイオイ

EeePC 4G SSDへPrecise-571JP

とうとうやってやりました。
Kona LinuxをインストールしていたSSDへPrecise-571JPをインストール。
まぁPuppy Linuxですからインストールというほどおおげさな物ではありません。

SDHCカードに入っていたPrecise-571JPからGpartedを開き、SSDをフォーマット。
SDHCに入っているPrecise-571JPに必要なファイルをコピー、本体ファイルや個人設定ファイル、アプリ関連sfsファイルとかですね、忘れてイケないのがinitrd.gzとvmlinuzですね。
これが無くては起動出来ません。

Swap領域は後で作ります。
Swapパーティションがあれば勝手に読み込んで使っちゃってくれます。
この辺がお手軽簡単な所です。

そしてブートーローダーでブート設定。
再起動するとSSDからPrecise-571JPが起動します。

設定も何もかもそのまま使えます。

そこがPuppy Linuxの素晴らしい点です。

そして何より嬉しいのはSDHCから起動していた時は起動時に毎回Xサーバーの画面が表示されてエンターを押さなければ起動しなかったのがすんなり通常通り起動してくれるようになりました(謎
使いやすくなったので良しとしましょう。

Precise-571JPへGoogle chromeインストール2

先日Precise-571JPへGoogle chromeインストールを紹介した訳ですが、如何せんフォントが微妙。
英数字がとても見づらい訳で。

google-chrome-portableを使ったGoogle chromeの起動の仕方が公開されているのを見つけました。
こちらで解説されています。

Linuxではflash playerの最新版が開発されておらず、常に最新のflash playerが組み込まれているGoogle chromeは動画観覧には必需品なのだそうです。

ちょっとしたひと手間が必要ですが、Precise-571JPで動画鑑賞したいという方はお試しあれ。

Precise-571JPへGoogle chromeインストール

Precise-571JPが公開されて随分月日が経ちました。
公開されたばかりはGoogle chromeも公式からのdebファイルでインストールできましたが、今では公式debファイルでは上手く起動出来ません。

でPrecise-571JPでChromeのインストール方法発見。
こちらでPuppy用のpetファイルやsfsファイルが公開されています。
注)そのままではChromeで日本語入力が出来ません。
メニュー→デスクトップ→SCIM入力メソッドの設定→scim-bridgeを使うのチェックを外し、Xをリスタートで日本語入力が可能になります。
注2)フォントが微妙です。
気にならないなら使って見てください。

ついでにSkypeも入手出来ます。
petとsfsがありますが、sfsファイルは個人設定ファイルを圧迫しないのでお薦め。

Kona Linux blackかPuppy Linuxか

久しぶりにEeePCからPuppy Linuxを起動する。
軽いな。
Chromeがスイスイ動くな。
古くてもChrome。
Chrome使いにはたまらん。
容量4GBと言う壁もPuppyなら軽くクリア出来る。

確かにPuppyは玩具臭いが。。。
EeePC 4G本体がまず玩具臭いので似合ってるかもしれぬ。

ただ気になるのはアップデート機能がないと言う事。
Chromeと言っても新しいバージョンはインストール出来ない。

この2点がどうも気になってしまう。
Puppyは仕様が特殊なので安全と言う人もいるが、rootが開きっぱなしなのが危険と言う人もいる。

私如きでは何が正しくて何が間違いなのかは良く分からない。

いっその事EeePC 4GはPuppyに逃げようか?
と思う今日この頃。

Precise-571JP in EeePC 4G

EeePC 4Gには一応ストレージ用に挿してあるSDカードにPrecise-571JPをインストールしています。

Precise-571JPも低解像度の影響で初回は上手く起動出来ません。

そんな時は魔法の言葉を打ち込んでエンターを押して下さい。
xorgwizardです。
起動後解像度が合わない場合は最初の設定で解像度を変更して下さい。

Puppy linuxはPCによって起動が途中で止まる時があります。
そんな時はxorgwizardと言う魔法の言葉で起動する事が多いです。
お試しあれ。

ただしEeePC 4Gの場合は初回だけでなく、毎回起動前に通常と違う画面が表示されます。
二回目以降はエンターを押すだけで起動します。

Precise-571JPはKona linux Blackよりも更に軽快さくさくに動作します。
Chromeもスイスイ使えちゃったりします。
小容量でも全然間に合います。

容量気にしながら使うのはなんだかなぁ。
と思う人はPuppy Linuxもお試しあれ。
あっ基本的にPuppy Linuxも容量気にしながら使うものだった。
害にならない程度に個人設定のリサイズをしてご利用ください。

ただしPuppy Linuxと言うのはリリース直後はChromeとかBleachbit使えましたが今は上手くインストール出来ません。
アップデート機能がないのでライブラリとかが古くなるのでしょうか?
元々ある個人設定ファイルの使い回しでなんとかなっていますが、その辺メインOSで使うと言うのは不安が残るので私は緊急時にしか使わないです。

Brotherプリンターの設定

先月電気屋さんの売り出しでBrotherのプリンターを購入し、お盆休みにようやくプリンターの設定を行いました。

BrotherのプリンターはLinux用のドライバーを提供しており、機種に合わせたdebファイルをダウンロードしてインストールすればUbuntu系やDebian系簡単にプリンターの設定が出来ます。
まずはプリンターのドライバーのインストール。
ここからお使いのプリンターの機種のLinux用debファイルをインストールします。
Linux bean14.04やLubuntu14.04LTS、Precise-571JP共にクリックするだけで簡単にドライバーのインストールが出来ます。

家で購入した機種はDCP-J152Nです。
2つのファイルが用意されていましたが、どうも両方無いと駄目そうだったので2つともインストール。

設定の仕方はPrecise-571JPの場合。
ドライバーのインストール後はこちらのPuppy Linuxと同じです。

Linux bean14.04は印刷セットが入っていない場合は、まず設定ウィザードより印刷セットをインストールして下さい。
その後はプリンター設定より設定します。
追加で自動認識されましたが、どうも上手く接続せず。
Puppy linuxと同じ方法で、IPアドレスを調べて設定する事で設定出来ました。
Lubuntu14.04LTSは元々プリンターの設定がインストールされていますので、Puppy LinuxやLinux bean14.04と同じように設定します。
恐らくUbuntu系やDebian系もBrother公式からドライバーを入手する事で簡単に設定が可能と思われます。

Precise-571JP ウィルス対策

以前Puppy linuxの安全性について少しお話ししました。
ずっと使っていたavastが使えなくなって、なんか困ったなって話です。
WindowsにしろLinuxディストリにしろ、セキュリティーに対して本当の所安全なのか危険なのかは、私のような素人には判断つきにくい物です。
特にPuppy Linuxは通常のLinuxとは違った方式を取っているので、賛否両論あります。

私のような素人にはやはり安心が一つ必要なのです。

で。。。
Puppy LinuxでもClamAVが使えると言う事を知りました。
Ubuntu系でお馴染みClamTKと同じような物です。
多分ClamTKの根本な部分はClamAVを利用しており、GUI操作がPuppy Linuxで使えるClamAVと違うのだと思います。
あくまでも私の想像。
間違っていたらごめんなさいです。

んで使い方は二種類。
個人設定ファイルへの影響を少なくしたい場合はこちらです。

個人設定ファイルを大きくしても良いから簡単にpetでと言う場合はこちらです。

私は面倒臭がりなので簡単にpetでと言うことにしました。
でスキャン結果は全くの白でした。
まぁ最近Puppyは滅多に使わないのでそんな物かと思いつつ。
安心したような。
何かつまんないような。。。

571JPのアップデート

今回571JPのアップデートパッケージが公開されました。

OpenSSLに関して重大バグが発表されたそうです。
Puppy linunx本体のパグではありませんが、OpenSSLからメモリ内のデータが覗かれるパグだそうです。
セキュリティーに関するアップデートなのでアップデートされた方が良いと思います。