Antix17 日本語版を更に設定



ピンクにめんこく決めました。
テーマはusbに入れてあるDpupを半萌え化しているので、そこからテーマファイルを引っ張って来ました。
ピンクより優しいsakuraが気に入ったので利用しました。
やり方はこちらを参考に。

Dropboxとxfce4-power-managerを入れました。
xfce4-power-managerをインストールすればConkyを使わなくてもバッテリーの状態がトレイに表示されて便利。
ノートパソコンを閉じればサスペンドするように設定出来るのでノートパソコンには必須アイテムです。
普通に入れても自動起動しないので「/home/nao/.desktop-session/startup」をテキストで開いて入れます。
↓みたいに入れました。
fcitx &
xfce4-power-manager &
dropbox start &
完全にバリバリ使えるようになりました。

DebianDog系とantixはJWMなので使いこなし術が似ているので覚えて置くと便利。

Dropboxのログインが最初Link2やDilloが起動して上手くログイン出来ませんでした。
いらないのでLink2とDilloはアンインスコしました。

EeePC 1000HAへAntix17日本語版を入れた話

EeePC 1000HAにはKona Linux Black 4.0を入れたのですが、いじって起動しなくなりました、
仕方ないのでまだUSBに入れたままだったAntix17 日本語版を入れました。
どう頑張ってもKonaが起動しないのできちんと使えるしようと色々やりました。

その際に行ったいくつかを記録しておきます。
まずpaeではなかったのでpaeのカーネルを入れました。
パッケージマネージャからlinux-image-4.10.5-antix.1-686-smp-paeを入れました。
再起動後↓をして確認。
uname -a

Linux antix1 4.10.5-antix.1-686-smp-pae #2 SMP Fri Mar 24 18:55:27 EET 2017 i686 GNU/Linux
が出ました。

デフォルト以外のデスクトップ環境を使うとFcitxが自動起動しないので/home/nao/.desktop-session/startupにfcitxを入れる。

# Used on live system only
(sleep 5 && toram-eject) &
fcitx &

WPS Officeを日本語入力出来るようにする。
WPS Officeで日本語入力ができないを参考に。
環境変数を調べると↓になりました。

$ echo $GTK_IM_MODULE

$ echo $XMODIFIERS

$ echo $QT_IM_MODULE

空でした(汗)

↓をする。
sudo rox /usr/share/applications/

WPS officeのランチャーファイルを編集する。
Exec=env XMODIFIERS=@im=fcitx /usr/bin/et %f
Exec=env XMODIFIERS=@im=fcitx /usr/bin/wpp %f
Exec=env XMODIFIERS=@im=fcitx /usr/bin/wps %f

これで日本語入力切り替えが可能になりました。

きちんと設定すれば十分使えるOSです。