Basix3.0のアプリインストール

screenshot-from-2016-10-19-11-01-49

Basix3.0をインストールする話は以前EeePC 901へインストールした話として軽く紹介した事があります。

その時はどうもイマイチと言う感触でしたが、AVERATEC AVN1140へ入れるとまぁ具合が良いです。
すっかりお気に入りの一つに昇格しました。
LinuxもPCとの相性と言うものがあるのでしょう。
HDDの余裕もある事だしっかり色々なアプリを取り揃え十分使い心地を得る事が出来ました。

と言う訳で入れたアプリケーションについてご紹介していきたいと思います。
ちなみにカスタマイズ前提で作られたOSと言う事もありますし、Ubuntu系のインストールは簡単(私はあまり好きではない)と言う方も多いのでインストールについては割愛させて頂きます。

まずはSynaptic パッケージマネージャよりインストールしたアプリから。

ClamTK(ウィルススキャン)
Caja Dropbox(ストレージ)スタートアップ登録について
Chromium(ブラウザ)
FileZilla(FTP)
Evince(ドキュメントビュアー)
mtPaint graphic editor(ペイント)
Audacious(音楽再生)
Audacity(音楽編集)
SMPlayer(メディアプレイヤー)
Bleachbit(ディスククリーニング)
GParted(パーティション操作)
flashplugin-installer(firefoxにFlash)
pepperflashplugin-nonfree(ChromiumやOperaへFlashを適応させる
uswsusp(サスペンドのためのパッケージ

Synaptic パッケージマネージャ以外

Touchpad-Indicator(参考サイト
Opera(公式サイト
WPS office(公式サイト
Grub Customizer(参考サイト


dropboxが自動でスタートアップに登録されなかったため手動登録しました。
/usr/share/applications/caja-dropbox.desktopを/home/nao/.config/autostart内へコピーする。


最新Flashをダウンロードして(一番下のorig.tar.gzファイル)解凍。
「sudo pcmanfm /usr/lib/pepperflashplugin-nonfree」と端末でファイルマネージャを開く。
adobe-flashplugin内i386ディレクトリの中からlibpepflashplayer.soとmanifest.jsonをコピーして/usr/lib/pepperflashplugin-nonfreeの中へ貼り付ける。


デフォルトのサスペンド機能では不安定でサスペンドからの復帰が出来ない(ハードとの相性か?)ので「s2ram」のコマンドでサスペンドさせる。
いちいちコマンド入力でのサスペンドが面倒臭いのでメニューに登録。
「sudo pcmanfm /usr/share/applications」と言うコマンドでファイルマネージャを開く。
LXTerminalをLeafpadで開く。
別名で保存(suspend.desktop)。
編集する。↓
[Desktop Entry]
Encoding=UTF-8
Name=suspend
Name[af]=LXTerminal
Name[ar]=LXTerminal
Name[be]=LXTerminal
Name[bg]=LXTerminal
Name[bn]=LXটার্মিনাল
Name[bn_IN]=LXTerminal
Name[ca]=LXTerminal
Name[cs]=LXTerminal
Name[da]=LXTerminal
Name[de]=LXTerminal
Name[el]=LXTerminal
Name[en_GB]=LXTerminal
Name[eo]=LXTerminalo
Name[es]=LXTerminal
Name[es_VE]=LXTerminal
Name[et]=LXTerminal
Name[eu]=LXTerminala
Name[fa]=پایانه ی LX
Name[fi]=LXTerminal
Name[fo]=LXTerminal
Name[fr]=LXTerminal
Name[frp]=LXTerminal
Name[gl]=LXTerminal
Name[he]=תכנית המסוף LXTerminal
Name[hr]=LXterminal
Name[hu]=LXTerminal
Name[id]=LXTerminal
Name[it]=LXTerminal
Name[ja]=サスペンド
Name[kk]=LXTerminal
Name[ko]=LXTerminal
Name[lg]=LXTerminal
Name[lt]=LXTerminal
Name[ms]=LXTerminal
Name[nb]=LXTerminal
Name[nl]=LXTerminal
Name[nn]=LXTerminal
Name[pl]=LXTerminal
Name[pt]=LXTerminal
Name[pt_BR]=LXTerminal
Name[ro]=LXTerminal
Name[ru]=LXTerminal
Name[sk]=LXTerminal
Name[sl]=LXTerminal
Name[sr]=ЛИкс-Терминал
Name[sr@latin]=LIks-Terminal
Name[sv]=LXTerminal
Name[te]=LXటెర్మినల్
Name[tr]=LXTerminal
Name[tt_RU]=LXTerminal
Name[ug]=LXTerminal
Name[uk]=LX-термінал
Name[ur]=ایل ایکس ٹرمنل
Name[ur_PK]=ایل ایکس ٹرمنل
Name[vi]=LXTerminal
Name[zh_CN]=LX 终端
Name[zh_TW]=LX 終端機
GenericName=Terminal
GenericName[af]=Terminaal
GenericName[ar]=شاشة طرفية
GenericName[be]=Тэрмінал
GenericName[bg]=Терминал
GenericName[bn]=টার্মিনাল
GenericName[ca]=Terminal
GenericName[cs]=Terminál
GenericName[da]=Terminal
GenericName[de]=Terminal
GenericName[el]=Τερματικό
GenericName[en_GB]=Terminal
GenericName[es]=Terminal
GenericName[es_VE]=Terminal
GenericName[et]=Terminal
GenericName[eu]=Terminala
GenericName[fa]=پایانه
GenericName[fi]=Pääte
GenericName[fo]=Útstøð
GenericName[fr]=Terminal
GenericName[gl]=Terminal
GenericName[he]=מסוף
GenericName[hr]=Terminal
GenericName[hu]=Terminál
GenericName[id]=Terminal
GenericName[it]=Terminale
GenericName[ja]=端末
GenericName[kk]=Терминал
GenericName[ko]=터미널
GenericName[lg]=Kiwandikiro
GenericName[lt]=Terminalas
GenericName[ml]=ടെ‍ര്മിനല്
GenericName[ms]=Terminal
GenericName[nb]=Terminal
GenericName[nl]=Terminalvenster
GenericName[nn]=Terminal
GenericName[pl]=Terminal
GenericName[pt]=Terminal
GenericName[pt_BR]=Terminal
GenericName[ro]=Terminal
GenericName[ru]=Терминал
GenericName[sk]=Terminál
GenericName[sl]=Terminal
GenericName[sr]=Терминал
GenericName[sr@latin]=Terminal
GenericName[sv]=Terminal
GenericName[te]=టెర్మినల్
GenericName[tr]=Uçbirim
GenericName[tt_RU]=Терминал
GenericName[ug]=تېرمىنال
GenericName[uk]=Термінал
GenericName[vi]=Cửa sổ lệnh
GenericName[zh_CN]=终端
GenericName[zh_TW]=終端機
Comment=Use the command line
Comment[af]=Gebruik die opdraglyn
Comment[ar]=استخدِم سطر الأوامر
Comment[be]=Эмулятар тэрмінала
Comment[bg]=Използване на команден ред
Comment[bn]=কমান্ড লাইন ব্যবহার করা হবে
Comment[ca]=Utilitza la línia d'ordres
Comment[cs]=Používat příkazový řádek
Comment[da]=Brug kommandolinjen
Comment[de]=Befehlszeile verwenden
Comment[el]=Χρήση γραμμής εντολών
Comment[en_GB]=Use the command line
Comment[es]=Utilice la línea de órdenes
Comment[es_VE]=Usar la línea de comandos
Comment[et]=Käsurea kasutamine
Comment[eu]=Erabili komando-lerroa
Comment[fa]=استفاده از خط فرمان
Comment[fi]=Käytä komentoriviä
Comment[fo]=Nýt stýriboðslinjuna
Comment[fr]=Utiliser la ligne de commande
Comment[gl]=Usar a liña de ordes
Comment[he]=שימוש בשורת הפקודה
Comment[hr]=Koristi naredbeni redak
Comment[hu]=Parancssor használata
Comment[id]=Gunakan perintah baris
Comment[it]=Usa la riga di comando
Comment[ja]=サスペンド
Comment[kk]=Командалық жолды қолдану
Comment[ko]=명령 행을 사용합니다
Comment[lg]=Kolera mu kiwandikiro
Comment[lt]=Naudoti komandų eilutę
Comment[nb]=Bruk kommandolinjen
Comment[nl]=Gebruik de opdrachtregel
Comment[nn]=Bruk kommandolinja
Comment[pl]=Emulator terminala
Comment[pt]=Utilizar a linha de comandos
Comment[pt_BR]=Use a linha de comando
Comment[ro]=Utilizează linia de comandă
Comment[ru]=Использовать командную строку
Comment[sk]=Použiť príkazový riadok
Comment[sl]=Uporabi ukazno vrstico
Comment[sr]=Користите линију наредби
Comment[sr@latin]=Koristite liniju naredbi
Comment[sv]=Använd kommandoraden
Comment[te]=కమాండు లైనును వాడు
Comment[tr]=Komut satırını kullan
Comment[tt_RU]=Команда юлын куллану
Comment[ug]=بۇيرۇق قۇرىنى ئىشلەت
Comment[uk]=Використати командну стрічку
Comment[vi]=Dùng dòng lệnh
Comment[zh_CN]=使用命令行
Comment[zh_TW]=使用命令列
TryExec=lxterminal
Exec=lxterminal -e sudo s2ram
Icon=/home/nao/ピクチャ/sleep_32px_519317_easyicon.net.png(任意のアイコン)
Type=Application
Categories=GTK;System;TerminalEmulator;
Keywords=console;command line;execute;

メニューに加える事でパネルに追加出来る。

以上でBasix3.0の設定完了。

Basix 3.0

screenshot-from-2016-09-17-14-44-03

KLUE 2.0 lightを入れていたEeePC 901ですが。
もう少し空き容量を確保したいとBasix 3.0と言うデストリビューションをインストールしてみた。

ダウンロードはこちらから。

インストール方法は動画があったのでリンクを貼っておきます。
https://youtu.be/tKOuN2A4Fik

設定ファイル等は充実していますが、それ以外はFirefox以外ほとんど無いです。

インストールした物は↓。
タッチパッド・インディケーター(タッチパッドの制御)
Chromium ウェブ・ブラウザ
Opera
PepperFlash nonfree(中身は無いのでこの記事の様に最新libpepflashplayer.soとmanifest.jsonを投入)
Audacious
BleachBit

容量削減のためにGoogleアプリを投入。
Dropbox
Google ドキュメント
Google ドライブ
LINE
Pixlr Editor
Skype for webのアドオン

只今の空き容量3.7GB!!
KLUE 2.0 lightより1GB以上空き容量が増えました。

KLUE 2.0 lightにあったDock風ランチャーアプリのPlankが気に入り、LxdeパネルをDock風動作に設定し使用。
便利さや見た目はPlankに敵いませんがなかなか便利。
で…。

動作は?
重いとまではいかないですが、軽くもなし。
可もなく不可もなく。
KLUE 2.0 lightの方が若干軽いような?
GoogleのWebアプリを多用しているからだろうか?
まぁそれなりの軽快感と、自分色に染め上げる満足感を得られると言うのが売りでしょうか。
小さいスペースの中で使うのにお勧めです。

もう少し欲しいアプリも出てきそうですが、今の所は常用している訳ではなく、お出かけ用(使うのかは謎?)と言う事にしているのでChromiumが使えれば満足です。