Kona Linux 4.0 blackのインストール

先日インストールしたKona Linux 4.0 blackについて簡単に説明させて頂きます。

まずはこちらよりファイルをダウンロードします。

UnetbootinにてUSBメモリに焼きます。
ネットブックを主流にしてからはずっとUSBメモリです。
外付けドライブは持っていますがこれが一番簡単です。

インストールしたいPCに挿し起動します。
EeePCの場合はESCボタン連打でブート選択画面が出てきますので、ライブUSBメモリを選択肢起動します。

インストール方法はKona Linux 3.0 ( Debian 8 ベース ) のインストール。魅力的な日本語対応のリナックス辺りを参考にして下さい。
一時はKona Linuxにハマった時期もありますが、最近はずっとUbuntuベースばかりだったので久しぶりのこの画面です。

Gpartedが苦手と言う方も多いようですが、実は私はUbuntuのインストールよりこちらの方が使いやすいです。
インストールはさくっと行きました。

であとは気になった件がいくつか。
アップデートの際にエラーが…。
イボジトリがテスティングのまま?
と言う事でリボジトリを変更しました。
ターミナルを開き↓のコマンドを開き管理者権限でファイルマネージャーを起動します。

sudo psmanfm
/etc/apt/から/sources.listをテキストエディタで開き編集します。

#

deb http://ftp.jp.debian.org/debian/ stretch main contrib non-free
deb-src http://ftp.jp.debian.org/debian/ stretch main contrib

deb http://security.debian.org/debian-security stretch/updates main contrib
deb-src http://security.debian.org/debian-security stretch/updates main contrib

# stretch-updates, previously known as 'volatile'
deb http://ftp.jp.debian.org/debian/ stretch-updates main contrib
deb-src http://ftp.jp.debian.org/debian/ stretch-updates main contrib

# stretch-backports, previously on backports.debian.org
deb http://ftp.jp.debian.org/debian/ stretch-backports main
deb-src http://ftp.jp.debian.org/debian/ stretch-backports main

↑のソースに書き換えました。

そしてsudo apt-get updateをしてエラーが出なければOK。

でももう一つエラーが…。

firefoxのリボジトリがエラーを起こしておりました。

メニュー→設定→Software & Updatesを開き、Othersoftwareでfirefoxのリボジトリのチェックを外すとエラーが無くなります。
firefoxのリボジトリが無くてもfirefox-esrがインストール出来ますし、公式からFirefoxを入れる事も可能です。
拘りがなければpalemoonでも代替え可能でしょう。

起動時にいちいちログインするのが面倒臭いです。
今の所は自分しかPCに触らないので自動ログインの設定をします。
メニュー→システムツール→LightDM Managerで自動ログインの設定をします。

以前のKona Linuxにはタッチパッドon/offがあったのですが見当たりません。
と言う訳でSynaptic パッケージマネージャにてxinputをインストールします。
その後↓の内容をテキストエディタで入力し、touchpad.desktopと名前を付けて/home/nao/.config/autostartの中に保存すると起動直後からタッチパッドが無効になります。

[Desktop Entry]
Version=1.0
Name=touchpad off
Comment=touchpad off
Exec=xinput set-prop "ETPS/2 Elantech Touchpad" --type=int --format=8 "Device Enabled" 0
Icon=terminal
Terminal=false
Type=Application
Categories=System;TerminalEmulator;Utility;
StartupNotify=true
NoDisplay=true

WPS Officeを入れました。
http://wps-community.org/downloadsからダウンロードしましたが、wps-office_10.1.0.5707~a21_i386.debだと起動しないので、下の方にあるwps-office_10.1.0.5672~a21_i386.debをインストールしました。

またFontの関係で他のPCで作ったファイルが文字化け(汗)
まぁこのPCだけで完結するなら十分使えるでしょう。

使ってみた感触ですが、以前のblackのような軽さはあまり感じません。
stretchだからと言うのもありますが、作成者様は以前のような徹底的に軽くしようと言う意気込みもそれほど感じられません。
今は種類も豊富ですが、軽量版にはあまり愛着が無いのかな?
でも古いPCを使用しているのですからこれだけ動けば十分と言う所でしょうか。

日本語でインストール可能である事、Debianベースでたくさんの選択肢があると言うのはかなり魅力的なOSではあります。

Kona Linux4.0 Black


え〜。
久しぶりにネットブックが増えました。
と言う訳でLinuxのインストールをしました。

何を入れようか?
Ubuntuベースも今更な感じ。
何故なら来年の4月はLTSリリースがあります。
数カ月後に新しいLTSがリリースされるのに古い物を入れるには抵抗があります。

今新しいOSと言えばdebian stretch。
日本語でとなるとKona Linux 4.0あります。

Flashの問題やら何やらあり最近はKona Linuxは遠慮していましたが、物は試しで入れてみました。

まずはFlashの問題はflashplayer-chromium情報により解決。

ネットブックにおいてDebianベース。
Kona Linux系はマウスの認識が甘い。
つまりバッテリー駆動だとマウスが上手く動かないと言う事例がよくありました
。(私だけかな?)
ですが今回はKona Linux4.0 Blackではバッテリー駆動でもすいすい動きます。

良いです。
まだ完全に全て設定が終わった訳ではないですが、今の所問題なく使えております。

後日時間があれば詳細でも更新させて頂きます。

EeePC 4Gで今までやったまとめ

EeePC 4Gでは今まで色々やって来ました。
当ブログでも度々紹介しています。

それを簡単にまとめとして整理してみます。

まずはEeePC 4Gのスペック。
液晶サイズ:7インチ
解像度:WVGA (800×480)
CPU:Celeron M 900MHz(実稼働630MHz)1コア
メモリ:512MB
SSD容量:4GB
無線LAN:IEEE802.11b (11Mbps) IEEE802.11g (54Mbps)

良い具合のポンコツ具合ですね〜。

実はこのPCはAndroid×86を入れてタブレット代わりとして使用してみようと購入したので、本当は最初にAndroid×86をインストールしました。
スペックの悪さにて古いバージョン(android-x86-4.0-RC1-eeepc.iso)しかインストール出来ず非常に微妙でした。
動作は今ひとつ軽快感に欠ける。
一番問題なのはGoogleストアからインストール出来るソフトが少ない事。
Skype、Chrome、Line等は既にインストール不可。
デフォルトのブラウザで多少インターネットを楽しめる程度でした。
詳細はこちら。

次はPrecise-571JPです。
Puppy Linuxの日本語版公式の最新ですね。
最新と言っても、公開されたのは随分前です。
Ubuntu12.04がベースとなっているバージョンです。
最初から日本語化されインストールも簡単使いやすい仕様となってます。

Slimjetはこちらからsfsファイルインストール可。
Googleアプリ利用により。
Line、Dropboxが可能。
もちろん普通にインターネットが楽しめます。
Skypeはこちらからダウンロードしたsfsファイルでインストール可。
ついでにmozcもこちらを参考にして可。
ただ古いバージョンなので少々の不安が残ります。
詳細はこちら

お次はKona linux 2.3 blackです。
一時期は軽量ディストリビューションとして注目を浴びる存在でした。
もちろん今でも軽いです。

Kona linux 2.3 blackはより低スペックPCほど真価を発揮します。
ポンコツPCの4Gでも軽快に動作します。

ただ問題は容量でした。
4GBの中でギリギリ収まっているので、スペース削減してようやく空き容量1GB取れるか取れないか。
油断するとすぐに空き容量が食われていきます。
やりたい事が満足に出来ません。
でもSlimjetを使えば何とかいけたかも?
それでも空き容量を気にしながら使うのは辛いものがあります。

Linux bean12.04もお試ししましたが、USBメモリ内なのでこの際省略します。
ただ使った感想はUSBメモリからではちょっとばかり軽快感が足りなかったという所でしょうか?

で次に試したのはTahrPup6.0.5です。
当時の最新のPuppy Linuxです。
Ubuntu14.04ベースになっています。
これは日本語版も公開されていましたが、とある理由からオリジナルを使い、シノバーさん作の日本語パッケージを使いました。
詳細はこちら

最終的にはSlimjetを使い571JPと同じような感じで使ってました。
これが大変使いよく最終版として会社の休憩室に持込み休憩中に遊んでいました。

さてながなが今までの変遷過程を綴らせて頂きましたが次回からいよいよ4Gに新しいディストリビューションをインストールしていく様子をお伝え致します。
次回はPuppy linuxの現在の最新であるXenialpup 7.0.4インストールです。
って今までと代わり映えしないような気がしますが、我がEeePC 4GがどこまでPuppyの最新についていけるか挑戦になります。

でわでわLinuxに興味のある方はぽちっとな♪

Linux ブログランキングへ

KLUE 2.0 light

え〜。
久々に新しいLinuxをEeePC 901にインストールしました。

Linux beanはどうやら新しい1604をリリース断念した模様。
でKona LinuxのUbuntuバージョンのKLUEを利用してみようという事で最近新しく加わったKLUE 2.0 lightをダウンロードしてインストール。 

ダウンロードはライブCDの部屋様にある理研のミラーからダウンロードします。

インストールの方法はUbuntuバージョンなのでUbuntuのインストーラーです。
種類は少々違いますが、Kona Linux Ubuntu Edition 1.0 Xfce のインストール。とほぼ変わりませんので参考にして下さい。

最近はDebianばかりだったので、Ubuntuのインストーラーに少々手こずり、また8.9インチの画面ではインストーラーがはみ出し面倒臭かったです。
Altキーを押しながらインストーラ画面を移動しながら行いました。

使い心地としてはかなり良い感じです。
グラフィックアプリが3種類、ファイルマネージャーが2種類等重複アプリがあるので不要なアプリを削除しました。
ついでに好きなアプリに差し替えなど。
使いやすくなりました。

EeePC 901のSSD8GBの中では約70%使用で空き容量が2.1GB確保。
デスククリーニングしたり、ダウンロードファイル等SDカードに保存するなどすれは行けるでしょう。

Slimjet

slimjet

Google chrome Linux 32ビットサポート終了により、Chromeの代替としての候補。

使い心地の感触としてはかなり良いです。
但し大きな欠点が…。
私の環境が悪いのか?
何が原因か良くわからないけれど、Flash Playerが梱包されているにも関わらずFlashが見れません。

Kona Linux2.3 black、Kona Linux3.0 Xfce tahr-6.0.5 noPAEと私が主要に使っている三種のPCにインストールしましたが、全て見れませんでした。
ネットで色々調べてみましたが、どうも検索で引っかからずヽ(*´▽)ノオテアゲー♪

Flashを見る必要がなければ、使いやすいのですが残念です。

興味がある方はどうぞ。

ダウンロードは↓。
通常ダウンロードhttp://www.slimjet.com/jp/dlpage.php
Puppy Linux用sfsファイルのダウンロードhttps://yadi.sk/d/fd8rBM0WoF9sB

気になるディストリビューション

今とても気になるディストリビューションがある。
気になるランキング順で紹介してみよう。

第一位!
DebianDogです。

DebianDogはdebian(jessie)をベースとしたpuppyライクなディストリビューションです.
Puppyのパワーユーザーがdebianをベースにpuppyを作ったと言った方がわかりやすいかもしれません.

ライブCDの部屋様からの引用

Puppyライクなディストリビューションなのか、debianをベースにPuppyを作ったのかその辺はっきりしないのがちょっと気になります。

debian(jessie)のリポジトリを採用しapt-getのコマンドでアップデートが可能。
Synaptic パッケージマネージャでアプリの管理が出来ます。
デフォルトではrootログインですが、ユーザーログインでの使用も可能だそうです。

Puppy Linuxでのデメリットであるアップデート機能が無い事、アプリ管理が特殊である事、rootが開きっぱなしでる事全てが補われ、通常Debianの使い心地そのままに、Puppyのインストールの手軽さ、軽快さ、小容量化が実現されているとしたら凄くないですか?

今TahrPup6.0.5を入れてあるEeePC 4Gに是非入れてみたい。
だがしかし。
会社へ持って行ったしどうしようか?
激しくお悩み中です。
Puppy Linux本家フォーラムではオリジナル。
ライブCDの部屋様からは日本語化バージョンをダウンロードする事が出来ます。

そして第二位!
Linux bean1604です。
今年は偶数年。
偶数年と言えば4月にUbuntu系ロングサポートバージョンがリリースされる年です。
Ubuntu系ロングサポートバージョンがリリースされればUbuntu派生のディストリビューションリリースラッシュが始まります。
ワクワクしませんか?
そしていち早くLinux beanの作者様ががUbuntu1604のリリース後、Linux bean1604を作成すると発表されています。

リリースされた曉にはLinux bean1604を今現在使用中のEeePC 900HAにインストールして是非使いたい。

第三位!
Kona linux3.0 Blackです。
Kona Linux3.0発表当初は軽量バージョンのlightやBlackの3.0バージョンを作成しないと発表されていましたが、要望が高くまずlightがリリースされ、そしていよいよBlackもリリースされました。

今現在使用しているEeePC 900HAはKona Linux2.3 Blackをインストールして使っていますが、インストール当初はメモリが512MB。
切実でありました。
2.3 Blackのサポート期限が切れた曉にはどれだけ快適に使える軽量ディストリビューションがあるだろう?
今はメモリ1GBにスペックアップしたため、まだいける!と思っていますが、Linuxディストリビューション全体的に年々スペック要件が上がって来ているため、古いネットブック愛用者の私にとっては、少しでも軽量ディストリビューションの選択肢は残っていて欲しい。
これは切実な願いです。
根っからのLinuxファンはスペック要件関係なく豪華高機能なLinuxディストリビューションを使うのかもしれませんが、古いPCを生かし大切に使って行きたいと願いWindowsよりスペック要件の低い軽量ディストリビューション望む方々も多くいるはずです。

Kona LinuxシリーズはライブCDの部屋様の理研サーバーからダウンロード出来ます。

EeePC 900HA メモリ交換

memopri1

memori2

先日ヤフオクにて100円で落札したEeePC用1GBメモリが届いたので早速メモリ交換しました。
PCのメモリ交換は未経験の事なのでドキドキしながらこちらの記事をスマホで見ながら行いました。

ネットブックはHDD交換やメモリ交換が行い易いような構造になっているようで、私の初体験は無事思いの外簡単に出来ました。

Kona Linux 2.3 blackは元々省メモリが売りのOSなので、目に見えて動作が軽快になるなどはないですが、900HAは元々がメモリ1GBのPCなのでマシンの機能を十分に活かす事が可能と思われます。

XfceにてChromium導入

先ほどXfceにもChromium導入しました。
今回はChromiumと共にpepperflashplugin-nonfree1.8.1をパッケージマネージャにて導入しました。

3.0 Xfceはdebian8、2.3blackはdebian7なのでその違いからchromiumのバージョンが違うのかもしれません。

Google chromeの終了

Screenshot_from_2016-01-23 17:50:13

chromeのアップデート後起動したらこんな↑のようになってました。

調べてみるとLinux 32bitのOSのサポートは3月で終了するそうです。
別にそのまま使い続けても構わないけれど、起動の度にこんな文字が表示されるのは不愉快なので取り敢えず900HAのKona blackはChromiumに変更しました。

Synaptic パッケージマネージャにてインストール出来ます。
chromium-browser-l10nをインストール指定すると言語パックも一緒にインストール出来ます。
chromiumはこのままではFlashが再生出来ないので、こちらからpepperflashplugin-nonfree_1.4~bpo60+1_i386.debをダウンロードして下さい。
1.8.1や1.8.2ではChromiumインストール済みだとインストール出来ないのでご注意下さい。

ちなみにLineアプリは一応起動しますが、ログイン画面まで行かないので削除しました。
今の所はChromiumが代替えとして使えますが、Chromeアプリが全て使える保証もなく、最新Flashで動画を見るなどは難しくなります。
また今の所はChromiumは32bitのサポートは続けるとの事ですが、chromeのサポートの終了の影響によりFlashを見る事が出来なくなる可能性があるらしいです。

32bitのLinuxディストリビューションはOperaには既に見捨てられておりますが、とうとうGoogle様にも見捨てられました。

ちぇっ!
64bitのLinuxなんで誰が使うかい。
わたしゃ〜別にWindowsが嫌いな訳じゃなく低スペマシンを使いたいんじゃ。
64bitのLinux使うくらいならWindows使いますわい。

古い物を大事に使う事のどこがいけないんじゃい。
エコだろエコ。

Google様にはがっかりじゃいo(T^T)o

EeePC 900HA

Screenshot_from_2016-01-16 17:42:26

またネットブックをヤフオクで落札してしまいました。
詳細はこちら。

大きさとCPUはEeePC 901と同じ。
メモリ容量と無線LANの転送量はEeePC 4Gと同じ。

だがこの二つと決定的に違うのはストレージがHDDという事。
上記二つの機種はSSDと言うのはなかなか素敵ですが、如何せん容量が少ない。
4Gは4GB。
901は4GB+8GB。

購入した段階ではHDDが入っていませんでしたが、手持ちのノートPC用のHDDを入れて80GBと大容量。
今の時代はそれで?
って感じかもしれませんが、今の私には大容量です。
なんて言っても容量を気にせずバリバリ使えます。

でもちろんLinuxディストリビューションをインストールしました。
最初はLinux beanをインストールしようと思いましたが、何故かインストールでコケました。
インストーラーが起動しません。
ターミナルを起動してコマンドを入れてみましたが起動しません。
で諦めました。
Linux beanは私にとって神OSですが、最近はインストール段階でコケます。
何だかなぁ(汗)

でKone Linux2.3 blackをインストールする事にしました。
EeePC 4Gからblackを削除した事だし、blackも新しいファイルに差し替わり丁度良いかな。
そして出品者様がLinux bean入りUSBメモリを付けて下さったので、それをそのまま生かしデュアルブートにしました。

でインストール。

(ノ´▽`)ノオオオオッ♪
EeePC 4Gに比べモニターも少し大きく綺麗だからか、以前より更にスタイリッシュでかっこ良くなっている気がします。

前と大きく変わった部分はデフォルトで入っていたブラウザのMidoriがSlimBoatに変更された事と、メディアプレイヤーが重たいVLCからSMPlayerに変更されSMTubeが追加された事です。

なんか最近の記事で見なかった?
って話ですが、ハイハイ実はKona Linuxの更新情報をみて4GのPuppy Linuxに導入した次第。
Midoriから変わったSlimBoatについては微妙(汗)
重たく感じるのは私だけ?

4Gでは微妙だったSMPlayerは好感触です。
SMtubeからのYoutube視聴もばっちりサクサクです。
ファイルサイズも4Gよりずっと大きい物で十分視聴が可能。
Linuxディストリビューションの推奨スペックにはよくメモリが重視される事が多いですが、CPUの性能差が大きく動作に影響する事が一目瞭然です。

しばらくお気に入りとして君臨していた4Gは会社の休憩室に持込み使っています。
今のお気に入りはこのEeePC 900HAです。

このコンパクトさ。
HDDによる容量の確保。
そして動画視聴もスムーズ。
でこれからはこのEeePC 900HAをバリバリメインPCとして君臨するでしょう。