EeePC 4Gで今までやったまとめ

EeePC 4Gでは今まで色々やって来ました。
当ブログでも度々紹介しています。

それを簡単にまとめとして整理してみます。

まずはEeePC 4Gのスペック。
液晶サイズ:7インチ
解像度:WVGA (800×480)
CPU:Celeron M 900MHz(実稼働630MHz)1コア
メモリ:512MB
SSD容量:4GB
無線LAN:IEEE802.11b (11Mbps) IEEE802.11g (54Mbps)

良い具合のポンコツ具合ですね〜。

実はこのPCはAndroid×86を入れてタブレット代わりとして使用してみようと購入したので、本当は最初にAndroid×86をインストールしました。
スペックの悪さにて古いバージョン(android-x86-4.0-RC1-eeepc.iso)しかインストール出来ず非常に微妙でした。
動作は今ひとつ軽快感に欠ける。
一番問題なのはGoogleストアからインストール出来るソフトが少ない事。
Skype、Chrome、Line等は既にインストール不可。
デフォルトのブラウザで多少インターネットを楽しめる程度でした。
詳細はこちら。

次はPrecise-571JPです。
Puppy Linuxの日本語版公式の最新ですね。
最新と言っても、公開されたのは随分前です。
Ubuntu12.04がベースとなっているバージョンです。
最初から日本語化されインストールも簡単使いやすい仕様となってます。

Slimjetはこちらからsfsファイルインストール可。
Googleアプリ利用により。
Line、Dropboxが可能。
もちろん普通にインターネットが楽しめます。
Skypeはこちらからダウンロードしたsfsファイルでインストール可。
ついでにmozcもこちらを参考にして可。
ただ古いバージョンなので少々の不安が残ります。
詳細はこちら

お次はKona linux 2.3 blackです。
一時期は軽量ディストリビューションとして注目を浴びる存在でした。
もちろん今でも軽いです。

Kona linux 2.3 blackはより低スペックPCほど真価を発揮します。
ポンコツPCの4Gでも軽快に動作します。

ただ問題は容量でした。
4GBの中でギリギリ収まっているので、スペース削減してようやく空き容量1GB取れるか取れないか。
油断するとすぐに空き容量が食われていきます。
やりたい事が満足に出来ません。
でもSlimjetを使えば何とかいけたかも?
それでも空き容量を気にしながら使うのは辛いものがあります。

Linux bean12.04もお試ししましたが、USBメモリ内なのでこの際省略します。
ただ使った感想はUSBメモリからではちょっとばかり軽快感が足りなかったという所でしょうか?

で次に試したのはTahrPup6.0.5です。
当時の最新のPuppy Linuxです。
Ubuntu14.04ベースになっています。
これは日本語版も公開されていましたが、とある理由からオリジナルを使い、シノバーさん作の日本語パッケージを使いました。
詳細はこちら

最終的にはSlimjetを使い571JPと同じような感じで使ってました。
これが大変使いよく最終版として会社の休憩室に持込み休憩中に遊んでいました。

さてながなが今までの変遷過程を綴らせて頂きましたが次回からいよいよ4Gに新しいディストリビューションをインストールしていく様子をお伝え致します。
次回はPuppy linuxの現在の最新であるXenialpup 7.0.4インストールです。
って今までと代わり映えしないような気がしますが、我がEeePC 4GがどこまでPuppyの最新についていけるか挑戦になります。

でわでわLinuxに興味のある方はぽちっとな♪

Linux ブログランキングへ

新しいopera2

Kona Linux2.3 blackへインストール当初はフリーズばかりしてまともに使い物にならなかったOperaですが、何度かアップデートされたあと改善されたようで良い感じで動いています。

Kona Linux2.3 blackでは提供されているChromiumのバージョンが古い。
Slimjetと言うブラウザも挑戦した物のFlashが上手く動作しない。
…でKona Linux 2.3 blackではOperaをメインブラウザにしようと言う事にしました。

ちなみにKona Linux2.3 blackではOperaでFlashが見れるのですが、Kona Linux3.0 XfceではFlashが見れない。
多分3.0と2.3でインストールされているFlash Playerのバージョンが違う事が原因かと思われます。
って私のPC環境にせいでは無いとは言い切れませんgは(汗)
Kona Linux3.0 XfceのChromiumは最新バージョンが提供されているので問題無しでChromiumを使えば良しと言う事でOperaは使いません。

Slimjet

slimjet

Google chrome Linux 32ビットサポート終了により、Chromeの代替としての候補。

使い心地の感触としてはかなり良いです。
但し大きな欠点が…。
私の環境が悪いのか?
何が原因か良くわからないけれど、Flash Playerが梱包されているにも関わらずFlashが見れません。

Kona Linux2.3 black、Kona Linux3.0 Xfce tahr-6.0.5 noPAEと私が主要に使っている三種のPCにインストールしましたが、全て見れませんでした。
ネットで色々調べてみましたが、どうも検索で引っかからずヽ(*´▽)ノオテアゲー♪

Flashを見る必要がなければ、使いやすいのですが残念です。

興味がある方はどうぞ。

ダウンロードは↓。
通常ダウンロードhttp://www.slimjet.com/jp/dlpage.php
Puppy Linux用sfsファイルのダウンロードhttps://yadi.sk/d/fd8rBM0WoF9sB

EeePC 900HA メモリ交換

memopri1

memori2

先日ヤフオクにて100円で落札したEeePC用1GBメモリが届いたので早速メモリ交換しました。
PCのメモリ交換は未経験の事なのでドキドキしながらこちらの記事をスマホで見ながら行いました。

ネットブックはHDD交換やメモリ交換が行い易いような構造になっているようで、私の初体験は無事思いの外簡単に出来ました。

Kona Linux 2.3 blackは元々省メモリが売りのOSなので、目に見えて動作が軽快になるなどはないですが、900HAは元々がメモリ1GBのPCなのでマシンの機能を十分に活かす事が可能と思われます。

Google chromeの終了

Screenshot_from_2016-01-23 17:50:13

chromeのアップデート後起動したらこんな↑のようになってました。

調べてみるとLinux 32bitのOSのサポートは3月で終了するそうです。
別にそのまま使い続けても構わないけれど、起動の度にこんな文字が表示されるのは不愉快なので取り敢えず900HAのKona blackはChromiumに変更しました。

Synaptic パッケージマネージャにてインストール出来ます。
chromium-browser-l10nをインストール指定すると言語パックも一緒にインストール出来ます。
chromiumはこのままではFlashが再生出来ないので、こちらからpepperflashplugin-nonfree_1.4~bpo60+1_i386.debをダウンロードして下さい。
1.8.1や1.8.2ではChromiumインストール済みだとインストール出来ないのでご注意下さい。

ちなみにLineアプリは一応起動しますが、ログイン画面まで行かないので削除しました。
今の所はChromiumが代替えとして使えますが、Chromeアプリが全て使える保証もなく、最新Flashで動画を見るなどは難しくなります。
また今の所はChromiumは32bitのサポートは続けるとの事ですが、chromeのサポートの終了の影響によりFlashを見る事が出来なくなる可能性があるらしいです。

32bitのLinuxディストリビューションはOperaには既に見捨てられておりますが、とうとうGoogle様にも見捨てられました。

ちぇっ!
64bitのLinuxなんで誰が使うかい。
わたしゃ〜別にWindowsが嫌いな訳じゃなく低スペマシンを使いたいんじゃ。
64bitのLinux使うくらいならWindows使いますわい。

古い物を大事に使う事のどこがいけないんじゃい。
エコだろエコ。

Google様にはがっかりじゃいo(T^T)o