Monthly Archives: 8月 2014

Kingsoft officeをLinuxで使う。

Linux beanにはほとんど使わないけど、Libre officeを入れていました。
しかししかしアップデートに時間がかかる。
ほとんど使わないのに時間がかかりすぎる。
私だけの環境かもしれないけど時間がかかる。

んでKingsoft officeのLinux版をインストールしてみました。
Linux版は無料みたいです。

http://wps-community.org/download.html
↑からwps-office_9.1.0.4751~a15_i386.debダウンロードしてインストール。
日本語化にはwps-office-mui-ja-jp_9.1.0.4751~a15_all.debをダウンロードしてインストール。

簡単に日本語で使えるようになりました。

ちなみにこれは32ビットようです。
64ビットの方はKingsoft officeをインストールする前に端末から以下のコマンドを入れる必要があるそうです。
$ sudo apt-get install ia32-libs

bean F10キーの件について

Linux beanを使ってみた方はわかるかもしれませんが、F10キーの動きがちょっと変。
半角英数字に変換したい時にちょっと不便でした。
先日2チャンネルのLinux beanのスレッドを回覧している時にF10キーの修正方法がわかりました。

メニュー→設定→Obkey
キーバインド一覧の中の「F10」で右クリック→Remove
ウィンドウ左上のSaveボタンで保存
再起動

これで無事解決。

2チャンネルは時折つまらない言い争いなどあったりはしますが、Linux beanのスレッドはちょくちょく良いヒントが投稿されていますので必見!!

Brotherプリンターでスキャナーを使う

プリンター設定の折り、プリンターのドライバーを入手しにBrotherの公式サイトへ行ってみたらスキャナーのドライバーもあり、スキャナー利用も挑戦。

こちらを参考にやってみました。
見事スキャンの成功。
今回はLinux beanで挑戦しましたが、恐らくはUbuntu系全般でイケると思います。
Linuxでスキャナーが使えるなんてまさかまさかでした。
意外と何でも出来る事に新鮮な驚きです。

と言ってスキャナーを使うかと言うと。。。
それは謎。

たまたま電気屋さんの売り出しで買った激安のBrotherプリンターがここまで使えるなんて超嬉しいです。

Brotherプリンターの設定

先月電気屋さんの売り出しでBrotherのプリンターを購入し、お盆休みにようやくプリンターの設定を行いました。

BrotherのプリンターはLinux用のドライバーを提供しており、機種に合わせたdebファイルをダウンロードしてインストールすればUbuntu系やDebian系簡単にプリンターの設定が出来ます。
まずはプリンターのドライバーのインストール。
ここからお使いのプリンターの機種のLinux用debファイルをインストールします。
Linux bean14.04やLubuntu14.04LTS、Precise-571JP共にクリックするだけで簡単にドライバーのインストールが出来ます。

家で購入した機種はDCP-J152Nです。
2つのファイルが用意されていましたが、どうも両方無いと駄目そうだったので2つともインストール。

設定の仕方はPrecise-571JPの場合。
ドライバーのインストール後はこちらのPuppy Linuxと同じです。

Linux bean14.04は印刷セットが入っていない場合は、まず設定ウィザードより印刷セットをインストールして下さい。
その後はプリンター設定より設定します。
追加で自動認識されましたが、どうも上手く接続せず。
Puppy linuxと同じ方法で、IPアドレスを調べて設定する事で設定出来ました。
Lubuntu14.04LTSは元々プリンターの設定がインストールされていますので、Puppy LinuxやLinux bean14.04と同じように設定します。
恐らくUbuntu系やDebian系もBrother公式からドライバーを入手する事で簡単に設定が可能と思われます。

スパム

ここ数日で大量なスパムコメントが来た。
承認制なのでブログには表示されないのだが、こんなクズデータに容量が占領されるのが嫌なので、コメントを受け付けない事にした。

ネット界の寄生虫どもめ。
ネット社会から消え失せろ!