Monthly Archives: 1月 2016

Buffalo WLI-UC-GNを使う

wli-uc-gn_lg

EeePC 900HAの無線LAN速度は4Gと同じ。
54Mbpsです。
今時ちょっと遅い。
4Gの時はPCのスペック自体がポンコツなのでこんなものだろうと特に気にしなかった。
大きな転送量があってもCPUの処理速度がついていかないだろうなぁ…。
みたいな。

しかししかし。
900HAは無線LAN速度以外はネットブック流行当時としては標準的なスペック。
メモリも1GBに進化。
となると通信速度が気になってしまう訳です。

ちょっと重いサイトへ行くと遅いのです。
画像がたくさん貼ってあると全部表示されるのになかなか時間がかかるのです。

で思い出しました。
使っていないBuffalo WLI-UC-GNがある事を。
今は無きPCに使っていた無線LAN子機です。

今現在ノートPCやらデスクトップPCやらに付いているWLI-UC-GNMよりちょっと大きくてネットブックにはちょっぴり邪魔くさくて若干性能が落ちますが、まだまだ使える代物です。
元々無線LAN内蔵のネットブックに使うために購入するのはどうかなとは思いますが、使っていないならば使ってやろうと言う事で900HAにぶっ刺しました。
最初はFn+F2キーで無線LANスイッチを切った状態で使って見ましたが認識せず、無線LANスイッチを入れてみたら、内蔵無線LANと共に認識されました。

で設定。
無線LAN設定はアダプター2つ分表示されので、Ralink 802.11 n WLANの方に表示されたSSIDの中から使用する無線LANルーターを選んで設定します。

これにて130Mbps程度は普通に出るようになりました(^^)v

EeePC 900HA メモリ交換

memopri1

memori2

先日ヤフオクにて100円で落札したEeePC用1GBメモリが届いたので早速メモリ交換しました。
PCのメモリ交換は未経験の事なのでドキドキしながらこちらの記事をスマホで見ながら行いました。

ネットブックはHDD交換やメモリ交換が行い易いような構造になっているようで、私の初体験は無事思いの外簡単に出来ました。

Kona Linux 2.3 blackは元々省メモリが売りのOSなので、目に見えて動作が軽快になるなどはないですが、900HAは元々がメモリ1GBのPCなのでマシンの機能を十分に活かす事が可能と思われます。

XfceにてChromium導入

先ほどXfceにもChromium導入しました。
今回はChromiumと共にpepperflashplugin-nonfree1.8.1をパッケージマネージャにて導入しました。

3.0 Xfceはdebian8、2.3blackはdebian7なのでその違いからchromiumのバージョンが違うのかもしれません。

Google chromeの終了

Screenshot_from_2016-01-23 17:50:13

chromeのアップデート後起動したらこんな↑のようになってました。

調べてみるとLinux 32bitのOSのサポートは3月で終了するそうです。
別にそのまま使い続けても構わないけれど、起動の度にこんな文字が表示されるのは不愉快なので取り敢えず900HAのKona blackはChromiumに変更しました。

Synaptic パッケージマネージャにてインストール出来ます。
chromium-browser-l10nをインストール指定すると言語パックも一緒にインストール出来ます。
chromiumはこのままではFlashが再生出来ないので、こちらからpepperflashplugin-nonfree_1.4~bpo60+1_i386.debをダウンロードして下さい。
1.8.1や1.8.2ではChromiumインストール済みだとインストール出来ないのでご注意下さい。

ちなみにLineアプリは一応起動しますが、ログイン画面まで行かないので削除しました。
今の所はChromiumが代替えとして使えますが、Chromeアプリが全て使える保証もなく、最新Flashで動画を見るなどは難しくなります。
また今の所はChromiumは32bitのサポートは続けるとの事ですが、chromeのサポートの終了の影響によりFlashを見る事が出来なくなる可能性があるらしいです。

32bitのLinuxディストリビューションはOperaには既に見捨てられておりますが、とうとうGoogle様にも見捨てられました。

ちぇっ!
64bitのLinuxなんで誰が使うかい。
わたしゃ〜別にWindowsが嫌いな訳じゃなく低スペマシンを使いたいんじゃ。
64bitのLinux使うくらいならWindows使いますわい。

古い物を大事に使う事のどこがいけないんじゃい。
エコだろエコ。

Google様にはがっかりじゃいo(T^T)o

買ってみた。

satokajumin-img600x450-1451281291gkhqv92074

またまたヤフオクを覗いていたら、EeePC用1GBメモリが100円で出品されていたのでポチッとやってみた。
100円で落札。

先日ヤフオクでポチッとしたEeePC 900HAが512MB。
でもネットで調べる限りデフォルトスペックは1GBのはずなんですよねぇ。
まぁ値段が値段なのでこんなものかもしれませんが、どこかで512MBに変えられてしまってるのでしょう。

で本来のスペックへ戻してあげよう。
と思いついてしまったのである。

まだ発送メールが来ないけれど楽しみです

え〜。

昨日今まで続けてきたホームページを止めました。
これからはここでLinux以外の事も書いて行きたいと思ってます。

取り敢えず日記的な物の書きたい奴なのでついでにお付き合い頂ければ幸いです。

ちなみに普段はなかなか忙しくしている奴ですが、今日は吹雪により仕事は休みました。
のんきだな〜。
と思われるかもしれませんが、外はなかなか凄まじいのです。

仕事より我が命大事でございます。

EeePC 900HA

Screenshot_from_2016-01-16 17:42:26

またネットブックをヤフオクで落札してしまいました。
詳細はこちら。

大きさとCPUはEeePC 901と同じ。
メモリ容量と無線LANの転送量はEeePC 4Gと同じ。

だがこの二つと決定的に違うのはストレージがHDDという事。
上記二つの機種はSSDと言うのはなかなか素敵ですが、如何せん容量が少ない。
4Gは4GB。
901は4GB+8GB。

購入した段階ではHDDが入っていませんでしたが、手持ちのノートPC用のHDDを入れて80GBと大容量。
今の時代はそれで?
って感じかもしれませんが、今の私には大容量です。
なんて言っても容量を気にせずバリバリ使えます。

でもちろんLinuxディストリビューションをインストールしました。
最初はLinux beanをインストールしようと思いましたが、何故かインストールでコケました。
インストーラーが起動しません。
ターミナルを起動してコマンドを入れてみましたが起動しません。
で諦めました。
Linux beanは私にとって神OSですが、最近はインストール段階でコケます。
何だかなぁ(汗)

でKone Linux2.3 blackをインストールする事にしました。
EeePC 4Gからblackを削除した事だし、blackも新しいファイルに差し替わり丁度良いかな。
そして出品者様がLinux bean入りUSBメモリを付けて下さったので、それをそのまま生かしデュアルブートにしました。

でインストール。

(ノ´▽`)ノオオオオッ♪
EeePC 4Gに比べモニターも少し大きく綺麗だからか、以前より更にスタイリッシュでかっこ良くなっている気がします。

前と大きく変わった部分はデフォルトで入っていたブラウザのMidoriがSlimBoatに変更された事と、メディアプレイヤーが重たいVLCからSMPlayerに変更されSMTubeが追加された事です。

なんか最近の記事で見なかった?
って話ですが、ハイハイ実はKona Linuxの更新情報をみて4GのPuppy Linuxに導入した次第。
Midoriから変わったSlimBoatについては微妙(汗)
重たく感じるのは私だけ?

4Gでは微妙だったSMPlayerは好感触です。
SMtubeからのYoutube視聴もばっちりサクサクです。
ファイルサイズも4Gよりずっと大きい物で十分視聴が可能。
Linuxディストリビューションの推奨スペックにはよくメモリが重視される事が多いですが、CPUの性能差が大きく動作に影響する事が一目瞭然です。

しばらくお気に入りとして君臨していた4Gは会社の休憩室に持込み使っています。
今のお気に入りはこのEeePC 900HAです。

このコンパクトさ。
HDDによる容量の確保。
そして動画視聴もスムーズ。
でこれからはこのEeePC 900HAをバリバリメインPCとして君臨するでしょう。

EeePC 4GでLine(TahrPup6.0.5)

お次はLine。
最近のPuppy LinuxはSave to Directoryに対応しており、個人設定ファイルの容量を気にする事なく利用出来ます。
しかもいかに容量4GBしかないPCでもPuppy Linuxは余裕で空き容量1GB以上確保出来ます。

と言うと空き容量1GB以上必要なGoogleアプリのLine使えません?
と言う事で導入する事にしました。

最初は古いGoogle chromeで満足しておりましたが、新しいGoogle chromeをインストール。
恐らくは公式のdebファイルも使えると思いますが、こちらからgoogle-Chrome-47.0.2526.106-i386.petを拾って来てインストール。
ちなみに以前はバージョン45くらいでしたので、ちょいちょいバージョンアップがなされているよう。
ちなみにPrecise-571JPの時はフォントが微妙でしたが、TahrPup6.0.5では普通の使用感です。
最初は重いように感じましたが、意外と普通に使えています。
今も新しいChromeから書き込み。

でアプリを開きLineを起動。
Lineへログインしてみた所、起動は決して早いとは言えませんが、起動後は普通に使えました。

通常GoogleアプリのLineは勝手にメニュー等に追加されてますが、Puppyではchromeを開かなくちゃいけないので面倒臭い。

でブックマークのアプリからLineのアイコンを右クリックショートカットを作成でデスクトップへショートカットを作成しました。
がしかし。
自動的には作成されない。

rootのdesktopの中にLineのショートカットらしきファイルが作成されているのでそこをクリックしてみると起動しました。

という事でカーソルで本物のデスクトップへ引っ張ってきました。
名前があまりにも長たらしいのでアイテムを編集でアイコンの下に表示するテキストの所でLineと変更。
見栄えが悪いのでインターネットからLineアイコンを拾ってきました。
ここで色んなアイコンを探す事が出来ます。

右クリック→ファイル’Line’→アイコンを設定で設定出来ます。

でPCでLineを使うのか?
と言うとそれは別な話(汗)

EeePC 4GでYoutubeを視聴する(TahrPup6.0.5)

EeePC 4Gを使い倒すためにやった事で一番面倒臭かったのはYoutube視聴でした。
通常ブラウザで動画を見ようとすると、読み込まれるまでに時間がかかりその上カクカクtぎこちない。
とても動画視聴には心もとなく諦めておりました。

Youtube視聴のためにアプリを使えばどうかな?
と思い挑戦。

でsmtubeと言うツールを導入。
TahrPup6.0.5のクイックペットからインストールしました。
視聴のために必要なのはメディアプレイヤー。
デフォルトで入っているのはVLC。
これEeePC 4Gではとても重いです。
起動にしばらく時間がかかり起動してからもいつまだたっても動画が流れてきません。

でsmtubeと言うのはsmplayerの付属ツールと言うのが始まりらしいので、smplayerにて視聴。
これもなかなかに重いです。
しかも音が流れてこない。

mplayerやgmplayerでも利用可と言う事でパッケージマネージャよりmplayerをインストール。

設定画面より、mplayerを再上位へ上げて、視聴ファイルの設定を480px flyへ設定すると(ノ゜ο゜)ノ オオオオォォォォォォ-
スムーズに見れました。
音もばっちり、かくつく事もなく綺麗な画面で視聴出来ました。

ただし480px flyで高画質動画はスマホほどのサイズです。
EeePC 4Gの限界ですね。
それでもYoutubeを見れるようになりました。

TahrPup6.0.5

capture8736

先日EeePC 4Gに入れたTahrPup6.0.5。
こんなになりました。

Puppy Linuxは玩具臭い割になかなかの高機能ですが更に高機能になりました。
インストールは一番危険が無いOSですが、カスタマイズがなかなか面倒臭いOSです。
まぁ手がかかる子ほど可愛いと言う事でなかなか楽しかったです。
詳細は追々アップします。