Monthly Archives: 6月 2016

operaやChromiumでFlashを見る

え〜最近はSlimjetを利用する事が多くなった私ですが、それは最新Chromiumが利用できない環境のOSを普段利用しているからです。
そして普段使ってないPCにChromiumを入れてみるとFlashが見れなかった。

でChoromiumのFlashが見れなかった原因が憶測ながらわかりました。
Chromium用にPepperFlash nonfreeをインストールしてもFlashの中身がインストールされていない。
Google Chrome34ビットサポート終了後、Google chromeからPepperFlashが引っ張ってこれなくなった事が原因と思われる。

でChromiumインストール後お使いのOSにあったPepperFlash nonfreeをインストール後、ここからadobe-flashplugin_20160512.1.orig.tar.gz(今現在一番新しい日付)ダウンロードしドして解凍します。
解凍したフォルダの中のi386フォルダの中にあるlibpepflashplayer.soとmanifest.jsonを/usr/lib/pepperflashplugin-nonfree/の中に入れる事でChromiumインストール後Flashが見れるのではないか?
と思います。
Chromiumの前に上の作業をした場合は端末で“sudo update-pepperflashplugin-nonfree –install”を実行すれば良いらしいです。
これは自分でやっていないので間違っていたらごめんなさい。

Google chromeサポート終了前に既にChromiumをやPepperFlash nonfreeを導入しFlashを見れる状態であれば、ここからadobe-flashplugin_20160512.1.orig.tar.gz(今現在一番新しい日付)からダウンロードした
libpepflashplayer.soとmanifest.jsonを/usr/lib/pepperflashplugin-nonfree/の中に差し替える事でFlashが新しくなります。
これは実証済み。

因みにOperaも最新Flashを知る前はFlashを見る事が出来ない状態だったので諦めていました。
Operaの場合はFlashを最新にすればOKな訳で、PepperFlash nonfreeをインストール後、ここからadobe-flashplugin_20160512.1.orig.tar.gz(今現在一番新しい日付)ダウンロードしドして解凍します。
解凍したフォルダの中のi386フォルダの中にあるlibpepflashplayer.soとmanifest.jsonを/usr/lib/pepperflashplugin-nonfree/入れる事でChromiumインストール後Flashが見れるようになるはず。
因みにOperaはいずれもChromeサポート終了前にPepperFlash nonfreeをインストール後導入したのでPepperFlashインストールする前にはどうなっているのか謎?

LinuxではGyaoが見れないがOperaでは見れると言う事が以前見た事があったので、
SlimjetでGyaoを見たあとOperaでGyaoを見てみた。
Slimjetではお使いの端末では利用出来ませんと出たが、OperaではGyaoが普通に見れた。

で…。
検証の結果Chromiumの最新が利用できる環境ならアップデートが簡単なChromniumがオススメ。
Chromiumの最新が利用出来なくてもGoogleアカウントに拘らなければOperaがオススメ。

Gyao!を見るならOperaですな。