Lubuntu1804 LTSの設定その2 – Linuxなんか怖くない

Lubuntu1804 LTSの設定その2

EeePC 1000HA, Lubuntu

設定を完了したのでご報告。

まぁ今までとさして変わらないですが、特記すべき点がいくつか。

まずはChromiumインストール後Chromiumが起動しませんでした。
Chromiumが使えなければ正直意味はないです。
一度アンインストールした後、関連ファイルを削除し、「sudo apt-get autoremove」を実行し、Bleachbitでディスククリーニングを実行。
もう一度Chromiumをインストールし直しました。
無事すんなり起動。
何が原因だったのか?

更にWPS Officeについて。
こちらからwps-office_10.1.0.5707~a21_i386.debダウンロードしてインストール。
だがしかし「libpng12-0」が足りないと言われインストール出来ませんでした。
最近は脱サラした夫の確定申告のための帳簿で必須なのです。
ここから「libpng12-0_1.2.54-1ubuntu1_i386.deb」をインストールしてからWps Officeをインストールすると上手くいきました。
日本語化しようとしたら言語パッチエラーと出たました。
Wps Officeのせい?
Lubuntuのせい?
よく解りませんが他で使っているファイル「ja_JP」を引っ張ってきて「/opt/kingsoft/wps-office/office6/mui」の中へ管理者権限で放り込んでやりました。

更にプリンターのドライバをGdebiでインストールしようとしたら出来ませんでした。
WPS Officeの時には出来たのになんでじゃ〜〜〜??
ソフトウェアを使うとインストール出来ました。

それとDropboxもちょっと変でした。
パッケージ内のDropboxが起動しなかったので公式から拾って来ました。
一応動いてはいるようですが、パネルの通知アイコンが正常に表示されていないです(汗)
まぁ使えるので良しとしよう。

そして今回今まで入れていない物を。
市販のDVDを見るために「VLC」と「libdvdcss2」をインストールしました。
ネットブックなので光学ドライブはありませんが、外付けを持っているので一応入れてみる事にしました。
「libdvdcss2」というのはCSSというコピー防止技術で暗号化されたデータ(市販のDVDビデオが採用)をデコードするためのライブラリだそうです。
日本では配布禁止されているとか。
でもWindowsでは使用可能です。

↓の記事を見る限りでは視聴するだけならOKなようです。
コピーするとアウトになるようなので気を付けましょう。
日本でも合法的にLinuxでDVDを見ることはできます。
「libdvd-pkg」インストールする事でインストール出来ました。

もう一つ。
「Asunder」を入れました。
これはCDの音楽取り込みのためのアプリです。
今までWindowsを開いてやってきた事を出来るだけLinuxでやろうと言う試みの一貫です。(年賀状以外)
DVD鑑賞もCDの音楽取り込みも滅多にしないので使うかどうかは謎。

Lubuntuにはスクリーンショットのアプリが入っていません。
mtPaintでスクショを撮りました。
スクショは最初だけでその後はあまり使わないのでこのままで良いと思ってます。

といった感じで設定等を終了しました。

Lubuntu 1804 LTSはリリースされたばかりだからか、とても不安定です。
設定を終わらすまでに何度も何度も再起動しました。
1000HAと相性が悪いのか?
今後のアップデートに期待です。
インストールするならもう少し様子を見てからの方が良いかもしれません。


Leave a Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)