BionicDogの設定

DebianDog, EeePC901, ネットブック

さてユーザーログインが円滑に出来るになったので設定についてお話しましょう。

ユーザーログイン後日本語化されているのも関わらずメニューが英語でした。
なれないパネルで英語。
訳わからん。
確かこの種類のディストリビューションは複数のデスクトップの仕様が用意されているはず。
フォーラムでも2つ画像がありました。
違う物へ変更しようとなりました。

英語で解らぬ中適当にメニューを探してみると何やらそれっぽいメニュー発見。
Desktop Managerという項目をクリックしてみました。
二種類所か5種類ありました。
しかも一番下には何やら見覚えある項目が。

PCManFM+Lxpanel。
これはLXDEでお馴染みでは無いですか!!

と言う事で早速選んでOKを押しました所。
(ノ´▽`)ノオオオオッ♪
LXDEで見慣れた風景になりました。
そして目出度くメニューも日本語にヾ(〃^∇^)ノわぁい♪

rootで使う事が前提になっているからかシステムツールがまともに動きません。
管理者権限で起動出来ない模様。
という訳でメニューをちょい編集。
メニューから項目を右クリックプロバティで編集出来ます。
synapticは↓な感じ。

sudo synapticでターミナルエミュレーターで動かすためのチャックを忘れずに。
root権限で動作させるシステムツールは変更しておいた方が良いです。

Ubuntuベースですがアップデートツールがありません。
アップデートを簡単に出来るためのランチャー作成。
rootで/usr/share/applicationsを開きxtermのランチャーファイルを別名で保存して編集します。
これが一番簡単。
保存する際.desktopと言う拡張子を忘れずに。
編集箇所は4箇所。
sudo apt-get updateのランチャーは↓
Name=update
Exec=sudo apt-get update
Terminal=true
Icon=画像ファイルのパス

保存後また別名で保存。
updateの箇所をupgradeに、画像ファイルのパスを編集し保存すればsudo apt-get upgradeのランチャーも作成されます。
Lxpanelの場合それが出来ればデスクトップショートカットもパネル登録も楽ちんですね。

ノートパソコンの場合はxfce4-power-managerが必須ですね。
バッテリーやモニター管理が出来ます。
蓋を閉じるとサスペンドも可能になります。
xfce4-power-managerをインストールして自動起動にします。
このDogシリーズは自動起動は手動で設定します。

/home/nao/.config/openbox/autostartに登録。
alsamixertray &の下に↓を追加。
xfce4-power-manager &
タッチパッドの無効に更に下に↓を追加しています。
xinput set-prop “ETPS/2 Elantech Touchpad” –type=int –format=8 “Device Enabled” 0 &
注意)タッチパッドの無効はデバイスによってはコマンドが違う場合があります。

Firefoxがデフォルトで入っていますが英語です。
パッケージからでは無く公式からのファイルダウンロードによりインストールのようです。
自分で公式から拾って来て解凍してoptに入っているFirefoxと入れ替えると日本語で起動しました。

apulseがインストールFirefoxへ設定済みなのでランチャーをメニューから「apulse firefox」と編集するだけでFirefoxからでも音声が流れます。

あとはそれぞれ好きなアプリケーションをインストールすれば使えます。

BionicDogはrootログインが前提になっておりユーザーログインで使う場合は少々面倒くさい作業が必要になっています。
軽快さもStretchDogに比べると少々落ちます。
軽快さを求めるならStretchDog、使い心地を求めるなら通常のLXDE使用のUbuntu派生が良いかもしれません。

ですがそれぞれのディストリビューションには短所や長所がありますが、このBionicDogの長所は簡単なインストール方法でお手軽にUbuntuベースが楽しめます。
豪奢なLXDE系Ubuntu派生に比べると若干軽い。
一番の長所はUbuntuベースでありながら省スペースである事。
それなりにアプリをインストールしても今の段階で使用スペースは2GB強です。
EeePC901は2つSSDが用意されていますが4GBと8GBです。
4GBですといずれ逼迫してきますが8GBなら余裕で使えます。

ユーザーログインもワンクリックで可能になりました。
LXDE感覚で使えるようになったこのBionicDogが気に入ったのでしばらくは901はこれで行こうと思っています。

Basix4.0とBionicDogで意外な所で行き詰まり試行錯誤の連続で少々疲れました。
ネットブックは複数所持していますが、それなりに新しいディストリビューションが行き渡り安泰と言う事でひとまずOS入れ替えはお休みとなります。


Leave a Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)