Bodhi Linuxについて

Bodhi Linux

Bodhi LinuxはUbuntuベースのディストリビューションです。
必要最低限のアプリしか入っていません。
見た目も操作感も他Ubuntu系とは違った独特なものになっています。
しかし非常に軽いです。
今まで使った物の中では一番です。

しかしこのBodohi Linuxは賛否両論あり、難しいと感じる人も多くいる事も事実です。
しかし私的に言えば特の難しい事はなく、見慣れない物への拒否反応かと思います。
それとアプリが極端に少なく見慣れたソフトがあまりデフォルトで入っていない事による物だと思われます。

独特な見た目と操作感は慣れの問題だと思います。
Linuxディストリビューションをお使いの方なら、見た目と操作感の違いは既にWindowsからLinuxディストリビューションへ移行したおりに乗り越えられているのですから問題は無いのではないでしょうか?
どうしても慣れなければ必要最低限の使いやすい操作感を手に入れれば良いのです。

必要最低限と言ってもSynaptic パッケージマネージャがありdebファイルも対応しているので、Ubuntuベースと何ら変わりなくアプリのインストールが可能です。
自分が欲しい物だけチョイスしてインストールすれば何の問題はありません。
linuxディストリビューションの使用歴が短く、コマンドされえロクに知らない私が使っているのですから、決して難しい事はありません。

ただしある程度linuxディストリビューションを使いなれた人間、OSカスタマイズを楽しめる人間に限ります。
与えられた環境だけで満足できるタイプの人には向きません。
インストールした直後から萎えますのでご注意下さい


Comments are closed.