flashplayer-chromiumその後

Chromium用のFlashplayerですが、DebianDogにあったので、きっとDebianベースが全て使える物かと思ってました。

MyPCにはもう一つEeePC 901にてDebianベースのAntiX16が入っているので、そっちもと思ったのですが…。
残念ながらAntiX16のパッケージには含まれていませんでした。
う〜むAntiXだけダメなのか?
DebianDogだけにあるのか?

と言う訳でKonaさんのサイトをちょっくら見に行って見ました。
Konaの作者様の更新情報にはDebianのFlashは腐っていてと言う記述がありました。
Debian的にはFlashは駄目なのですな。
使えね〜なおい。

ちなみにAntiX16にてWPS Officeを入れて見たのでありますが、日本語入力的に全く使えなかった訳で、やっぱ最初の段階でキーレイアウト的に駄目なのを無理に設定してと言う経緯がありその辺に理由が?
今の所AntiX16はメインで使っているPCではないのでまぁ良いかですが。

今年に入ってからOfficeを使う必要性が出て来て、WPSを愛用しているので将来的にはEeePC 901でも使える環境にしたいかなと考えております。

EeePC 4GすらWPSが使えると言うのに、もうちょっと容量が大きくスペックがマシなPCで使えないとはちょっと納得がいかない。
901でAntiX16がベストと考えていましたが、考え直す必要がありそうです。

flashplayer-chromium

DebianDog再インストールで気が付きましたが、Adobeで正式にLinux用flash-playerがサポート再開がされる事により、Debianでも無事パッケージから簡単にChromium用flash-playerがインストール出来るようになってました。

Synapticからflashplayer-chromiumをインストールします。
これからは面倒臭い手作業をしなくても自動的にアップデートされる事になるでしょう。
っていつからそうなっていたんだろなぁ。
全然気が付かなかったよ(汗)

DebianDog 日本語版再インストール

え〜。
最近4Gをいじり過ぎて容量がヤバくなって来ましたので再インストールしました。
ここ最近はSSD空き容量が1GB以下と言う事がよくあり、頻繁にディスククリーニングばかりしておりましたが、再インストールして空き容量が1.9GB位に増えました。

うぬ…。
一体何にそんなに食われて居たのだろう?

ちなみに面倒臭いのでピンクの可愛いモードは止めました。
この際見た目はともかくどんどん使い倒そうと言う決意であります。

EeePC 4GにとっておそらくはDebianDog(jessie)日本語版が最後のOSとなるでしょう。
新しいOSにはもはやついていけない。
jessieのサポート期限到来まで壊れる勢いで使い倒す所存にございます。

掲示板

たぶん使わないと思うけど、姉妹サイトに置いてある掲示板のリンクを貼った。
何かあれば気軽に連絡が取れる。

メールフォーム

掲示板とか無くなったので代わりにメールフォームを付けました。

移転

ドメインを購入しいつまでも無料ドメインのままなのもアレなので、サイトを移転しました。
掲示板も元々トップだったファイルも削除し、ブログだけ残しました。

元来自分の覚書き用なので良いかな。

最新Flash

いつの間にかLinuxでも最新のAdobe Flash Player pluginが使えるようになってました。

Ubuntu系ではFirefox系はflashplugin-installerだけでそのまま最新Flashになっていました。
Chromium等で使う場合はSynaptic パッケージマネージャからadobe-flashpluginをインストールか無い場合はこちらからお使いのOSに合った最新のadobe-flashpluginのdebファイルでインストールして下さい。
ちなみにflashplugin-installerと競合しますのでアンインストールして下さい。
これでChromiumもFirefoxもOperaも常に最新Flashが使えると思います。

ちなみにDebian系は見てみましたがよくわかりませんでした(汗)
その辺のシステムはUbuntu系とは違うみたいです。

AdobはLinuxを見捨てて久しいですが、またLinuxを救い上げてくれました。
めでたい!!

っていつからだったんだろう?
前からだったのかなぁ?

Bodhi Linux 4.0 日本語版 その後

Bodhi Linux 4.0いじってみました。
一応スクショ撮りましたが、あまり変化無いです。
パネルが上に行っただけかな?
一応見え隠れするパネルが下にあるんですが…。

で使えそうだなとアプリケーションのインストールをしようと思ってBodhi AppCentarなる物を開いてみました。
ソフトウェアセンターみたいな感じのアプリケーションです。
んで慣れたSynapticをインストールしてみようとしたんですが、パスワード入力から進みません。
仕方ないのでコマンドでSynapticをインストールしましたが、パスワード入力画面から進まず起動しません。

パスワード入力のために起動するアプリの不具合か?
それとも私の環境のせいか解りませんが、Root権限が必要なアプリケーションがGUIで使えません。

んで元々mn-applet辺りにも不具合ありそうだし、話のネタに色々苦労するのも何なのでこれにて終了となりました。

Bodhi Linux2.4は気に入って使っていた時期もあったのですが、3.0も4.0もどうも私には使えこなせません。
見た目とか格好が良いし軽いし最小限のアプリケーションしか入っていない辺り好きなんですが残念!!

Bodhi Linux 4.0 日本語版

久しぶりにディストリビューションをインストールしてみました。
今回はライブCDの部屋様から入手したBodhi Linux 4.0 日本語版でございます。
インストールしたPCはEeePC900HAのネットブックでございます。
10GBほど場所を確保いたしましてインストールしました。

インストールの方法はまずこちらからbodhi-4.0.0-32-jp.isoをダウンロードします。
ダウンロードしたファイルとUNetbootinでライブUSBを作成します。
ライブUSBで起動したBodhi Linux 4.0 日本語版からインストールします。
インストールはUbuntuとほぼ同じです。
Linux経験者の方は簡単だと思います。
未経験者の方にはBodhi Linuxはお勧め出来ません。
悪しからず。
有線LANで無い場合はインストーラーを起動した際に無線LAN設定画面が開くのでインターネット設定を完了してからインストール作業を行って下さい。

今現在はアップデートを行っただけでまだデフォルト状態です。
今後使う予定は無いですが、話のネタでインストールしてみました。
それでも話のネタで設定作業を行って行きます。

ライブCD様からの入手なので日本語入力等設定は必要ありません。
ただインストール後は既に無線LAN設定済みの状態になっておりインターネットが接続されていますが、nm-appletが動いていません。
メニュー→システムツール→terminologyで端末が開きますので、nm-appletを入力しエンターを押せばnm-appletが起動します。
ですが端末を閉じるとnm-appletも閉じてしまいます。
動きがなんだか変です。
この辺何らかの処置が必要そうです。

次回色々いじってみて記事にします。

安物

え〜。
EeePC900HAのバッテリーがほぼ死亡なので今年買ったのですが、安物だからか持ちがあっと言う間に悪くなってきました。

最初は3時間位だったのですが、1時間半から2時間程度しか持たなくなりました。
まぁね死にかけだったし、買う前に比べりゃ全然良いんですがねぇ。
どんどん持ちが悪くなってあっと言う間に死亡って事にはならないで欲しいぁ。
バッテリー無くても使えるのでまぁ良いですけど・・……(-。-) ボソッ